• NEWS

趣里&菅田将暉『生きてるだけで、愛。』予告編と場面写真が一挙に到着!

2018年9月21日 8:00

『生きてるだけで、愛。』特報&場面写真が到着! | [c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

「異類婚姻譚」で第154回芥川賞を受賞した本谷有希子の同名小説を、数多くのCMやMVを手掛けてきた映像クリエイター関根光才監督が映画化した『生きてるだけで、愛。』が11月9日(金)から公開される。このたび本作の予告編が完成し、あわせて場面写真が一挙に到着した。

本作は不器用な男女の真っ直ぐな生き様をエモーショナルに描き出したラブストーリー。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子と同棲をつづけている津奈木。そんな2人の前に、津奈木の元カノ・安堂が現れたことから2人の関係に変化が訪れ、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなってしまう。

このたび解禁された予告映像では、趣里演じる寧子と菅田将暉演じる津奈木が些細な言い合いからすれ違っていくさまと、2人の前に現れた安堂の不敵で迫力満点の姿が映しだされている。さらに、キャスト発表以降初めて映像で登場する、田中哲司や西田尚美、織田梨紗ら豪華脇役陣の演技にも注目していただきたい。

安堂の登場をきっかけにカフェバーでアルバイトを始めることになった寧子は、今の生活から抜け出そうと奮闘していくうちに自分自身をコントロールできなくなっていく。そんな不安定なメンタルを抱える寧子と、彼女に耳を貸す余裕もなく大きな葛藤を抱える津奈木。激しく衝突しながらも互いに必要とし合っていく2人の姿が、関根監督の映像センスと世武裕子が手掛ける心地良い音楽によって稀有な化学反応を引き起こす。

また、あわせて到着した場面写真と完成したばかりのポスタービジュアルには、感情豊かな登場人物たちの表情がしっかりと収められている。若手を代表する実力派俳優2人の卓抜した演技によって紡ぎ出される、他者との繋がりを求める現代の若者たちの姿。きっと深く心に刻まれる作品となっていることは間違いないだろう。

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会| [c]2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社| [c]2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社