• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 超ミニスカの“奴隷”が夜の街へ…『私の奴隷になりなさい』第2章の映像が到着
  • NEWS

超ミニスカの“奴隷”が夜の街へ…『私の奴隷になりなさい』第2章の映像が到着

2018年9月20日 18:30

ご主人様の調教がスタート!本編映像が到着 | [c]KADOKAWA 2018

壇蜜が主演を務め、2012年に単館上映ながら異例のヒットを記録した『私の奴隷になりなさい』の続編となる『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』(9月29日公開)と『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』(10月13日公開)が2週間限定で連続公開。このたび『第2章』から、本格的な“調教”の幕開けとなる本編映像が到着した。

サタミシュウの官能小説シリーズを映画化した本作は、ピンク映画界の鬼才・城定秀夫監督が手がける新たな“究極のSM”の世界に大きな注目が集まり、ついに日本を飛び出して台湾でも10月19日(金)より『請做我的主人』のタイトルで公開されることが決定。

『万引き家族』(18)にも出演した新進俳優・毎熊克哉を“ご主人様”に、『第2章』では“ロマンポルノ界の聖子ちゃん”と呼ばれた寺島まゆみを母に持つ行平あい佳が、『第3章』ではこれが映画初出演となる杉山未央が“奴隷”となってそれぞれダブル主演を務める。さらに百合沙や川合瑞恵、範田紗々、山根千芽、福山理子らが集結し、前作以上に過激でスリリングで惜しみない濡れ場と、官能と欲望の世界を生々しくあぶり出す。

このたび到着した本編映像は、行平演じる地味な人妻・明乃が、ご主人様・目黒の命令で夜の街を超ミニスカ姿で練り歩くシーン。目黒を演じた毎熊はこのシーンについて「初めての命令、調教が始まるシーンです」と明かし「初歩的なプレイですね。ここからプレイは過激さを増していきますが、それは本編をお楽しみに」と妖しげに微笑む。

ご主人様からの初めての命令に恥ずかしさと戸惑いを隠しきれない明乃の表情は必見。そしてこのシーンの後に2人はバーに入り、目黒の命令が次々と展開し、調教が本格化。快楽へ溺れていく2人の姿を、ぜひとも劇場で堪能していただきたい。

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース