• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 号泣必至の純愛映画に挑んだ岩田剛典、杉咲花がお互いの素顔をぶっちゃけトーク!
  • INTERVIEW

号泣必至の純愛映画に挑んだ岩田剛典、杉咲花がお互いの素顔をぶっちゃけトーク!

2018年10月04日 17:30

障がいを乗り越え愛を貫こうとするカップルを熱演した2人 | 撮影/植村忠透

インテリアコーディネーターの女性と、彼女の初恋の相手で事故により車椅子生活を送りながらも建築士として前向きに生きる先輩との純愛を描いた人気コミックの映画化『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(10月5日公開) 。主人公、鮎川樹役を演じるのはEXILE/三代目 J Soul Brothersのパフォーマーであり、役者としての活躍も目覚ましい岩田剛典。樹を全力で支えるヒロイン、川奈つぐみ役には、若手演技派女優として注目される杉咲花。障がいを乗り越え、愛を貫こうとするピュアなカップルを演じた2人に撮影秘話を聞いた。

岩田にとっては、初主演作『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)の制作チームとの再タッグともなった本作。気心の知れたスタッフに支えられ、困難なシーンでも「安心して演じることができた」(岩田)、「既にチームができ上がっている感じがして、入りやすかった」(杉咲)と振り返る2人。「こんなにディスカッションしながら撮影を進めた現場は初めて」と口を揃える。

岩田 「柴山監督は、役者の意見をじっくり聞いてから、それを演出に生かすタイプの監督なんです。だからまず花ちゃんと2人で段取りをやってみて『これでいいのかな』『いや違うかも』となった時に監督にも来ていただいて、三つ巴で話しながら進めていくというような感じでした(笑)」

杉咲 「もちろん『こうしてほしい』と言われることもあるんですが、監督は私の話をとにかく全部聞いてくださるんです。あらかじめ不安要素をほとんど取り除いてから撮影が始まる現場でした」

岩田 「大変だけど、チームでつくっている感覚はすごく味わえましたね。でも、逆に美術館でのデートシーンなどは、ほぼ全部アドリブのぶっつけ本番で(笑)」

杉咲 「クランクインした日の最初のカットが、いきなりアドリブ!さすがに緊張しましたね(笑)」

岩田 「この映画は光の入り方や風景の切り取り方がとにかく美しくて。『セリフがなくても2時間持つんじゃないか』と思うくらい」

杉咲 「本当です!でも、実はサクラのシーンは合成なんですよ(笑)」

岩田 「直前まで雨が降っていて『あ、いま止んだ!』『あ、また降ってきた!』の繰り返しでなんとか撮った感じでしたからね」

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』より | [c]2018「パーフェクトワールド」製作委員会

今回が初共演とは思えないほど息ピッタリに見える2人だが、撮影が進むなかで、互いの魅力を発見する場面も多かったのだとか。

杉咲 「休憩中はお互いの似顔絵を描きあったり、お化けの話をしたり(笑)。特に印象的だったのが、遊園地での撮影の空き時間に、岩田さんがずーっとおでんの食品サンプルのガチャガチャにハマっていたこと。岩田さんのお茶目な一面が垣間見えました(笑)」

岩田 「花ちゃんのまっすぐでピュアなところは、役柄にもピッタリハマっていたと思います。現場のスタッフさんへの気遣いもしっかりされていて。花ちゃんから声をかけてもらったら、スタッフさんたちもうれしいわけですよ(笑)」

杉咲 「岩田さんは、本番に入った時の集中力がすごいんです。観覧車の中の撮影は、本当に『何周したんだろう?』っていうくらい乗り続けて。私はわりとすぐに集中力が切れてしまうほうなのですが、岩田さんはご自身がカメラに写っていなくても、本番と同じ熱量で私と向き合ってくださったので、演じるうえですごく助けていただきました」

岩田 「あれは本当にきつかったよね。さすがにあれだけ回ると、正直どこかで集中力は切れていたと思うけどね(笑)」

杉咲 「あとは、樹の元カノにあたる美姫先輩の結婚式に行くシーンがあるんですが、実は光の関係で実際に美姫先輩がいる場所とは違う方向を見ながらお芝居をしなければいけなかったんですよ」

岩田 「確か、木が相手だったよね(笑)。それじゃさすがに『夢がなさすぎだろ~!』って思ったよ」

杉咲 「(笑)。でも映画だと樹先輩の視線の先には美姫先輩がいるようにしか見えなくて。本当にすごいなって思いました」

つぐみにとって樹は初恋の人で高校の先輩でもある | [c]2018「パーフェクトワールド」製作委員会

切ないラブ・ストーリーをベースにしながらも、本作では仕事や家族といったテーマもしっかり描かれる。

岩田 「僕自身、樹が仕事に生きているというところにはすごく共感できました。『チャンスは1度きりで、逃したら次はないんだ』というセリフや、『全部自分次第で先が決まっていくんだ』というようなところは、自分にも近い気がします。そして、この映画って実は家族の物語でもあって、人生において大切なことを教えてくれる作品でもあると思うんです。僕の両親がこの映画を観るとしたら、絶対に樹の親の目線で感情移入するでしょうし、きっと世代問わず共感できる部分があるはず。愛する人のために、今自分は何ができるのか。そんなことを、改めて見つめ直すきっかけにしてもらえたらうれしいです」

取材・文/渡邊玲子

関連映画

関連映画ニュース

撮影/植村忠透| 撮影/植村忠透| [c]2018「パーフェクトワールド」製作委員会| [c]2016「植物図鑑」製作委員会| 撮影/黒羽政士| [c]2018「jam」製作委員会| [c]2018「パーフェクトワールド」製作委員会  [c]有賀リエ/講談社| [c]2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.| [c]2018「パーフェクトワールド」製作委員会 [c]有賀リエ/講談社