• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 中川大志の勝負着は“赤いパンツ”!?『覚悟はいいかそこの女子。』学生限定試写会が開催
  • EVENT

中川大志の勝負着は“赤いパンツ”!?『覚悟はいいかそこの女子。』学生限定試写会が開催

2018年9月18日 18:57

中川大志と伊藤健太郎が学生のギモンに答えた

「マーガレット」にて14年から掲載された椎葉ナナによる同名漫画を実写化した『覚悟はいいかそこの女子。』(10月12日公開)の学生限定試写会が18日、スペースFS汐留にて開催され、上映前のトークイベントに中川大志、伊藤健太郎が登壇した。

本作は、イケメンだが恋愛経験ゼロでヘタレな主人公・古谷斗和(中川)が、初彼女を作るべく躍起になるなか、人生で初めての恋に落ち、彼女を振り向かせるために奮闘する日々を描いた青春コメディ。

斗和が恋に落ちる学年一のクールビューティ・三輪美苑を演じるのは、『寝ても覚めても』(公開中)で話題を集めた新鋭・唐田えりか。斗和の親友・新見律役を演じるのは、次世代の“カメレオン俳優”として注目されている伊藤健太郎。そのほか甲斐翔真、若林時英といった若手注目株のキャスト陣が出演している。

今回の試写会では、質問を来場者の学生たちから募り、それに2人が答える形式でイベントが進行した。最初に読みあげられた「高校3年生が、卒業までにやっておいたほうがいいことは?」という質問には、まず中川が「9月だと卒業までに、半年もないですよね。やっぱり思い出をたくさん残すために、友達とたくさん写真を撮っていました」と回答。

伊藤は「地元の友達とたくさん遊びました!とにかく遊びまくっていましたね」と振り返り、質問を書いた来場者に対して「もし好きな子がいるなら、想いを伝えて、制服デートをいっぱいしておいたほうがいいよ!」と呼びかけ、会場を沸かせていた。

ドラマから映画へと物語が展開し、通常の映画より長期間にわたる撮影が行われた本作だが、「撮影の待ち時間でしていたこと」との質問に、中川が「人狼ゲームを、ガールズメンバー(出演者の女性陣)と、楽しく遊んでいました」と答えれば、伊藤が「(ギターシーンの撮影のため)参加できなかったです…残念」と返すなど、終始息ピッタリ。

ともに多くの話題作に出演する若手俳優の2人だが、「撮影前にいつもしていること」を問われると、中川は「撮影初日、公開日は“赤いパンツ”をはいています!今日は違いますけど(笑)」と爆弾発言。「今日は何色?」という質問には「秘密!」とおどけた顔を見せる。

伊藤は、現場でのルーティンとして「監督の掛け声が入る直前に、フーっと息を1回吐く。そうすると長い台詞などがスラスラ言えるんです!」と、自分流の緊張をほぐすコツがあることを明かした。

最後に、作品タイトルの『覚悟はいいかそこの女子。』にかけて、いままでに“覚悟”を決めたことというお題には、中川が「やはりこういった仕事(俳優)は、覚悟を決めてやらないとできないですよね!」とさわやかに語り、会場の盛り上がりはこの日最高潮に!それを受けた伊藤は「大志くんかっこいい」と中川を褒めながら、「僕もそう思います!」と乗っかったコメントを披露し、駆けつけた学生の笑いと拍手のなか、イベントは幕を閉じた。

取材・文/編集部

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会 [c]椎葉ナナ/集英社|  [c]椎葉ナナ/集英社 [c]2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会| (C)TBS (C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会| [c]椎葉ナナ/集英社 [c]2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会