• NEWS

高畑充希×山崎賢人が歌って踊るヲタクカップルに!? 『ヲタ恋』映画化

2018年9月18日 15:50

高畑充希と山﨑賢人が初共演でヲタクカップルに

隠れ腐女子×ゲームヲタクという不器用な男女の、微笑ましいピュアラブストーリーを描いた「ヲタクに恋は難しい」を福田雄一監督が映画化し、高畑充希と山崎賢人がW主演を務めることがわかった。

本作は14年からウェブ漫画として連載され、その後コミカライズやアニメ化もされた人気作。主人公で、ヲタクであると周囲にバレることを恐れる“隠れ腐女子”の桃瀬成海役を務めるのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)や数々の映画にて、若手実力派として高い評価を得ている高畑充希。成海のおさななじみで同僚でもあり、“重度なゲームヲタク”の二藤宏嵩を演じるのは、『四月は君の噓』(16)、『羊と鋼の森』(18)などで主演を務めてきた山崎賢人。今作で実力派2人のW主演、そして初共演が実現することとなった。

監督は、映画『銀魂』シリーズ、『50回目のファーストキス』(18)などを手掛け、秀でたコメディセンスと独特の世界観で支持を集める福田雄一。数々の舞台でミュージカルを手掛けてきた福田ならではの演出として、原作にはない歌って踊るシーンも盛り込まれるようだ。高畑は、舞台や、映画『HK/変態仮面』(13)で、山崎は『斉木楠雄のΨ難』(17)で過去に福田の作品に参加しており、3人がどのような化学反応を起こすのかも注目。

「福田監督とはミューヲタ仲間だと思っている」と言う高畑は、「普段ミュージカルに注いでいるやや重めの偏愛を、今回は漫画やゲームやコスプレにたっぷり注いで、少しでも成海ちゃんに近づきたい」と意気込む。W主演となる山崎とは一度も会ったことがないそうで「この作品で会うためにいままでとっておいたんだな、ご縁だな!と思っています。お会いできるのが楽しみです」と喜びをあらわにした。

一方の山崎は、「歌うことは好きですが、踊りはかなり苦手」と明かす。独自の演出を盛り込んだ監督について「僕は福田さんのことを笑いとミュージカルとご飯のヲタクだと思っています。ミュージカルの演出をするときも厳しいそうです。それだけ熱意のある福田監督とミュージカルラブコメディを作れることがとてもうれしい」と、思いを語った。

福田監督は「僕は“ヲタク”という人達を心の底から尊敬しています。ひとつのことにすべてを捧げて熱中出来る精神は素晴らしい」としたうえで、「(主演の2人なら)きっと尊敬に値する魅力的なヲタクを演じ切ってくれるに違いありません」と自信を見せた。

19年の公開を予定している映画『ヲタクに恋は難しい』、原作とはまた違う魅力を持った“歌うラブコメディ”の仕上がりを期待して待とう。

関連映画

関連映画ニュース

[c]ふじた/一迅社| [c]麻生周一/集英社・2017 映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会| [c]2013「HENTAI KAMEN」製作委員会| [c]2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会| 写真/成田 おり枝