• TOP
  • ニュース
  • 黒木華、「なで肩」を自慢するも、野村周平から「俺も」とツッコミ 
  • EVENT

黒木華、「なで肩」を自慢するも、野村周平から「俺も」とツッコミ 

2018年9月17日 19:55

『ビブリア古書堂の事件手帖』で主演を務めた黒木華と野村周平
『ビブリア古書堂の事件手帖』で主演を務めた黒木華と野村周平

三上延の同名ミステリー小説を映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』(11月1日公開)の完成披露試写会が、9月17日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。主演の黒木華と野村周平、共演の成田凌、夏帆、東出昌大、三島有紀子監督が舞台挨拶に登壇した。黒木が演じた、本に詳しいヒロイン・篠川栞子にちなみ、人に自慢できる趣味や特技についてゲスト陣がクロストークをした。

黒木が「人に自慢できることを会得してこなかった人生なので、なんですかね。なで肩?」と言うと、野村も「俺もなで肩です」とうなずく。続けて夏帆も「私も」と名乗り出て、黒木は苦笑い。

野村は「車が好きなので、車とかですかね。バイクとか」と言うと、三島監督が「身体能力がすばらしい」と野村を絶賛。

なぜかすごい汗をかいていた成田は「僕は一択ですね。汗の量です。ここにいる誰にも負けない」と笑いをとった。夏帆は「私も汗っかきのほうですが、成田さんには負けるなと。私は、最近猫を飼い始めました。猫への愛は誰にも負けない」と胸を張って答えた。

東出は「人ごみの中を歩くスピードはめちゃくちゃ速いです。渋谷を歩く時は、1人で競歩をやってるみたい」と言うと、成田も「東出さんと一緒に歩いたことがあるんですが、全然追いつけなかった」と語った。

ステージには“ビブリア古書堂”が再現され、ミステリー作品である本作にちなみ、キャスト陣と監督が謎解きゲームにも挑戦し、会場を盛り上げた。

最後に黒木は「本というものは本当にすばらしいものだと思っていて。本だけじゃなく、古書という話になりますと、過去に持っていた人や、自分の親などと、時代を超えてつながっていく。そういうことを本当に感じられる作品だと思っています」と本作についてアピール。

野村も「こんなに心温まる作品はないと思います。しっかりしたミステリーになっています」と手応えを口にした。

『ビブリア古書堂の事件手帖』の舞台は、鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。黒木演じる古書堂の店主・篠川栞子が、古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく。野村は、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔(ごうらだいすけ)役を演じた。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース