• EVENT

木村多江が18人の草食男子に“シマヘビ”料理をふるまう!

2010年8月03日 20:24

木村多江、窪塚洋介、福士誠治(左)が『東京島』完成披露イベントに参加

無人島に漂流した女1人、男23人の奇妙な“逆ハーレム”生活を描く、桐野夏生の小説を映画化した『東京島』(8月28日公開)。本作のユニークな完成披露試写会イベントが8月3日に開催され、恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場に、一夜限りの“東京島”が出現! 主演の木村多江が18人の草食男子に珍スタミナ料理をふるまって、暑気払いのヒット祈願を行った。

イベントに参加したのは、木村多江、窪塚洋介、福士誠治、鶴見辰吾、柄本祐、木村了、染谷将太他11名と、メガホンをとった篠崎誠監督。最初に木村が、「東京島という島に来たつもりで観光気分で楽しんでいってください」と、元気よく挨拶してイベントがスタート。

本作で木村は、これまでの“薄幸キャラ”を払拭して、無人島でたくましく生きるヒロイン清子役を体当たりで演じた。「岩場をロープで降りたりしたすごい現場で、毎日足がつっていました。また、清子のようにどんどん孤独になっていって、そのうち部屋にいるヤモリや虫に話かけたり、おかしなことになっていきました(笑)」。

劇中で、島の男たちがみんなで全裸になるシーンが印象的だ。あのシーンについて窪塚は、「あれ、フルCGですもんね」とジョークを飛ばした後で、「前張りの指令が的確で。みんな仮りでつけてたけど、僕は一発本番でつけたら、うまくつけられなかったです(苦笑)」と言うと、木村は「どこに目をやっていいか困りましたが、始まる前にみなさんナーバスになってて、母親のような気持になってしまいました」とコメント。

その後、木村が男性陣にふるまうという特製スタミナ料理が登場。彼女がニコニコしながら勧めたのは、焼き鳥っぽい料理。「ぶよぶよですよ」と言った感想が飛び交う中、それぞれが口にした後で、その正体がなんとシマヘビの串焼きだったことが判明! ちょっとヒキ気味な男性陣を横目に木村は笑顔でこう語った。「実は、映画で清子がヘビを捕まえ、さばいてお料理するシーンがあるので、是非観ていただきたくて」。実際のロケでも、木村は平然と撮影に臨み、スタッフ陣を驚かせたのだとか。

最後に、巨大なヤシの実のくす玉の前で全員がヒット祈願。掛け声に合わせて木村がくす玉を割り、男性陣が金と銀の投げテープを会場に投げると、会場から大きな拍手が上がった。

草食男子が多い『東京島』で、清子が人間の本能をむき出しにしてサバイバルする姿は、まるで世知辛い現代をタフに生きる肉食系アラフォー女性の象徴のよう!? 特に暑い今年の夏、是非とも暑気払いとして劇場で堪能し、英気を養ってもらいたい。【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2010「東京島」フィルムパートナーズ| [C]ユニバーサル ミュージック合同会社| (C)2010「東京島」フィルムパートナーズ| 「魚串 さくらさく 神楽坂店」| [C]2010「東京島」フィルムパートナーズ