• NEWS

松嶋菜々子&ソン・スンホンのアジア版『ゴースト』は設定が男女逆!

2010年8月3日 16:15

『ゴースト もういちど抱きしめたい』で松嶋菜々子がソン・スンホンと共演
『ゴースト もういちど抱きしめたい』で松嶋菜々子がソン・スンホンと共演

世界中の人々を感涙させたデミ・ムーア主演作『ゴースト ニューヨークの幻』(90)のアジア版『ゴースト もういちど抱きしめたい』(11月13日公開)で、松嶋菜々子が韓国人スターのソン・スンホンと共演。8月3日に六本木のグランドハイアット東京で製作報告会見が行われ、気になる詳細な設定が明らかにされた。

ニューヨークから日本へと舞台を移した『ゴースト もういちど抱きしめたい』。松嶋扮するヒロインの星野七海は、スンホン扮する韓国人の陶芸家キム・ジュノと出会い、恋に落ちる。ところが七海は、ある事件で命を落とし、彼女の魂はゴーストとなって、ジュノのそばに寄り添っていく。そう、オリジナル版とアジア版では男女の設定が逆になっていて、より女性目線のドラマになるという。

松嶋は本作への意気込みをこう語った。「脚本段階で内容に多少なりとも意見をさせていただき、また、韓国の俳優さんと共演できたら素敵だなという思いなども、プロデューサーと話をさせていただきました。オリジナル版に負けない、アジア版『ゴースト』を作るために、私も力を注いだ作品になってます」。

ジュノ役のスンホンは、アメリカ版『ゴースト』を観て育った世代なので、出演の話をもらった時は、夢なのか現実なのかわからないほど嬉しかったと言う。「最初は自分が出演するなんてことは信じられない気持ちでした。現場では、松嶋さんやスタッフのみなさんが家族のように迎えてくれて、私にとっては外国映画ですが、心を突き動かされて、心から泣く演技ができました」。

そんなふたりを演出した大谷監督は、「いろんなラブシーンを撮らせてもらったが、どれも美しくて素晴らしくて。ずっと観ていたいと思えるシーンをたくさん撮ることができました」と手応えは十分のようだ。

ふたりの共演した感想については、松嶋がスンホンについて「紳士で、礼儀正しく、品があって、女性にとても優しくて、陶芸家という繊細な部分も体から表現される方ではないかと思いました」と語ると、スンホンも松嶋について、「松嶋さんは優しくて美しい方。スタッフにも優しくて、弱音を吐かずに一生懸命されていた。見習わなければと思いました」と褒めちぎった。ふたりとも言葉の壁を感じずに、コミュニケーションをとれたようだ。

シリアスなシーンでは、ふたりとも食事休憩も入れずに撮影に没頭したという。スンホンが「大切なシーンでお腹の音が鳴ってしまって申し訳なかったです」と告白すると、松嶋も「私もお腹が鳴ってしまい、聞こえたかな?って思いながら撮影してました(笑)。キスシーンに限らずひとつひとつが大事なシーンで、食事をしたいとも思わず、このまま撮り続けたいと思えた作品です」と語った。

脇のキャストでは、オリジナル版でウーピー・ゴールドバーグが扮した物語のカギを握る霊媒師役に樹木希林、七海の親友役に鈴木砂羽、その他にも橋本さとし、森山中の黒沢かずこ、宮川大輔などが出演予定。松嶋菜々子、ソン・スンホンという二大スターの共演はもとより、ヒロインがゴーストになるというオリジナル版とは逆の設定で展開されるアジア版の完成が、今から待ち遠しい!【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース