• NEWS

ヴェネチアを席巻!三大女優の熾烈なバトル『The Favourite』の邦題が決定

2018年9月12日 11:00

5作連続で三大映画祭受賞!ギリシャの鬼才監督最新作の邦題が決定 | [c]2018 Twentieth Century Fox

現地時間9月8日に閉幕した第75回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)と女優賞の2冠に輝き、大きな話題を集めているヨルゴス・ランティモス監督の最新作『The Favourite(原題)』の邦題が『女王陛下のお気に入り』に決定した。

18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランドの美しい宮廷を舞台にした本作。虚弱な女王アンと、彼女の幼馴染で絶大な権力を振るうレディ・サラ、そしてサラの従妹で貴族への返り咲きを狙う召使いのアビゲイル、3人の女たちの複雑な関係性を豪奢なセットと美術品のように美しい衣装とともに描き出す。

このたび女優賞を受賞したオリヴィア・コールマンは、これまで地元イギリスの映画やテレビ作品を中心に活躍。トム・ヒドルストン主演のドラマ「ナイト・マネージャー」で第74回ゴールデングローブ賞助演女優賞に輝き、ケネス・ブラナー監督の『オリエント急行殺人事件』(17)で大先輩ジュディ・デンチ演じるドラゴミロフ公爵夫人のメイド・ヒルデガルデを演じるなど、徐々にその頭角を現してきた。

本作で彼女はアン女王を演じ、エマ・ストーン演じるアビゲイルとレイチェル・ワイズ演じるレディ・サラの2人を相手に女王としての威厳とその深い孤独を快演。一躍第91回アカデミー賞へ向けた女優賞レースの最有力候補へと名乗りを上げた。もちろん、アカデミー賞受賞経験のあるエマとレイチェルの演技も負けてはいない。ヴェネチアではオリヴィアに軍配が上がったが、今後映画界最高の栄誉に向けて繰り広げられる三つ巴の争いにも要注目だ。

また、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた出世作『籠の中の乙女』(09)で第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」賞を受賞して以降、5作連続で三大映画祭で受賞を果たしたランティモス監督の類稀なる演出力など、見どころ満載の本作。公開を心して待ちたい。『女王陛下のお気に入り』は2019年2月に公開される。

文/久保田 和馬


ハリウッドで最も勢いのあるスタジオ“FOXサーチライト・ピクチャーズ”をフィーチャー!

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 Twentieth Century Fox| [c]2018 Twentieth Century Fox Film Corporation| HFPA Photographer| [c] 2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.| [C]2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.| 写真:SPLASH/アフロ| Netflixオリジナルシリーズ「マニアック」| 写真:アフロ| 撮影/木村篤史| [c]2018 Twentieth Century Fox