• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • “マダオ”の声優・立木文彦から見た実写版「銀魂」は「ある意味アニメを超えている」
  • NEWS

“マダオ”の声優・立木文彦から見た実写版「銀魂」は「ある意味アニメを超えている」

2018年9月01日 20:10

立木文彦がアニメの枠を飛び出し遂に実写版マダオに! | [c]空知英秋/集英社 [c]2018映画「銀魂 2」製作委員会 [c]2018 エイベックス通信放送

2017年の実写邦画1位となるヒット記録した『銀魂』(17)の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)より公開となったが、映像配信サービス「dTV」のオリジナルドラマ「銀魂2 –世にも奇妙な銀魂ちゃん-」も18日よりが配信を開始。「眠れないアル篇」、「土方禁煙篇」に続き、本日からは虫歯となった銀時と土方を待ち受けるとんでもない治療の様子を描いた「いくつになっても歯医者はイヤ篇」が視聴可能となった。

そして、原作でも屈指の人気を誇るキャラクター“まるでダメなおっさん”ことマダオが、このオリジナルドラマに登場!演じるのはアニメシリーズで同キャラクターの声優を務めた立木文彦だ。今回、そんな立木にインタビューし、実写とアニメの違いや撮影現場の様子、見どころを聞いた。

立木に実写ドラマのオファーを受けたときの感想を聞くと「もともと実写版『銀魂』の予告編のナレーションを去年やっていたので、今回のオファーを頂いた時に『あれ、もしかして…(今年もナレーションかな)』と思いました。でも福田監督からお声があったということで『あ、そうか。実写か。しゃべりだけじゃない、そのまんま演技をするっていう部分のオファーなんだな』っていうのが分かって、まずはびっくりしました。この銀魂という作品はすごくファンが多いので、自分のビジュアルで登場したことによってどうなっちゃうんだろうっていうのが頭によぎりましたね」と今回の出演に喜びと不安があったことを明かした。

コメディでありながら涙腺を刺激するせつない物語 | [c]空知英秋/集英社[c]2017映画「銀魂」製作委員会[c]2017 エイベックス通信放送

立木の演じるマダオは映画には登場しなかったが、その存在感をドラマでは存分に発揮している。「すごいアクセントですよね(笑)。原作でもアニメでも回数はあまり出てないですけど、出るとインパクトがある。どういうふうに出てもいいという、この稀有なキャラクターは初めてです」と、銀魂ワールド内でのマダオの重要性について語ってくれた。「こういうキャラクターに出会うのはたぶん最初で最後でしょうね。どこに出ても違和感がないというか、成立する(笑)。『いやお前いらないから』とか、『そこじゃないから』みたいな感じでもいいし、実際にストーリーに入ってくる場合もある。それが銀魂の中のマダオのあり方なんでしょうね」。

そんな立木に実写とアニメでのマダオの演じ方の違いや気をつけた点について聞くと「声を長年やってきているキャラクターなので、喋って演技をすればそのままマダオなんですけど、実写となるとそこに立ち姿やビジュアル、動きで見せないといけないので、セリフを覚えたりするところから、自分の中で初めてやったことのない役作りをした感じでした。同じキャラなのに(笑)」と明かしてくれた。実写を演じることについてプレッシャーは感じなかったのだろうか。「アニメを超えていかなきゃいけない。それができたかどうかはもう、あとはお客様の判断なんですけど。自分なりの今やれることは、かなりやったつもりではいます。」

続いて、実写とアニメ両方を演じてきた立木にそれぞれの違いについて聞いた。「どの人気漫画、人気アニメ作品も世界観が確立しているじゃないですか。そこに実写版ができたっていうのは、昨年の劇場版『銀魂』や実写ドラマ『銀魂』の大ヒットを見ればわかるように、やっぱりキャスティングですよね。豪華なキャスティングで、それが全くすべらない、1ミリもすべっていない。むしろ役者の方々は本当に楽しんで世界観を体現して演技してる」と漫画、アニメとすでに確立されていた世界観を実写でもしっかり引き継げていたことを称賛。「その点では自分の中では、ある意味アニメを超えてると思っています。ジャンルは実写とアニメとでは全く違うんですけど、超えてるなって」。

【写真を見る】実写版「銀魂」はある意味アニメを超えている?立木が語るそれぞれの魅力とは… | [c]空知英秋/集英社 [c]2018映画「銀魂 2」製作委員会 [c]2018 エイベックス通信放送

撮影現場の雰囲気について聞いた。「いつも笑いが耐えなくて、福田監督自身が楽しんでいらっしゃるなっていう印象ですね。自分の中ではちょっとピリピリした感じも想像してたんですけど、全然そういうところがなく」「あと、1シーン目を撮った時、第1声を発した時にスタッフの方々や演者さんが『本物だ』とか『うわー』とかそういう感動の仕方をしてくれたのが嬉しかったです」。

最後に、今回、配信となったドラマについて見どころ聞く「新しいことづくめなんです。ドラマ版の台本を見たときに笑いが止まらなくて、これはすごいなって思いましたね。脚本も含めて。だからドラマ版は確実に見たほうが良いですね。絶対見たほうが良いです。見ないと半分以上損をします(笑)それぐらい面白かったです。あとはやっぱり、小栗さん、柳楽さん、橋本さん含め、映画に出ている方々も出演していて、その方々のぶっ飛び感は見どころですね。そして、個人的に各話ストーリーテラーから始まる部分が非常に楽しみです。これも是非楽しみに見てください」と笑顔で締めくくった。

「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん -」の「いくつになっても歯医者はイヤ篇」本日より配信! | [c]空知英秋/集英社 [c]2018映画「銀魂 2」製作委員会 [c]2018 エイベックス通信放送

文/編集部



■dTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん -」
8月18日より、毎週土曜0時~順次配信中!(全3話)

<特集サイトはコチラ>

関連映画

関連映画ニュース

[c]空知英秋/集英社 [c]2018映画「銀魂 2」製作委員会 [c]2018 エイベックス通信放送|  [c]空知英秋/集英社 [c]2018映画「銀魂 2」製作委員会 [c]2018 エイベックス通信放送| [c]空知英秋/集英社[c]2017映画「銀魂」製作委員会[c]2017 エイベックス通信放送| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画『銀魂2』製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2017「銀魂」製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会|  [c]「SHIROBAKO」製作委員会| [c]「映画館に行こう!」実行委員会  [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2018映画「銀魂2」製作委員会 [c]2018 エイベックス通信放送