• COLUMN

R15とR18はどう違う?ピンク映画の製作費は1本いくら?未知の世界をのぞき見!

2018年8月28日 21:30

R18+とR15+の表現の違いとは?

上映に際し、R18+指定の成人映画をR15+のレーティングを満たすように作り変えているのだが、では、R18+とR15+での表現の違いはどういうところにあるのだろう。「下半身が映っていたり、着衣でもそこに触れたりしているとR18+となります」と教えてくれたのは大蔵映画の鍋島宇宙氏。「また、R15+では風俗店やストリップなど、18歳以下は入れない店内の描写や複数人での性交もNGです」と、やはり、成人映画館で上映されているバージョンとの違いはあるものの、その分、各作品における物語性が強くなっているそうだ。

天使もえ主演の『愛しのデコトラ天使』 | [c]OP PICTURES

選りすぐりのピンク映画をラインナップ!

今回のラインナップの中には、1年に1度、ピンク映画ファンが選ぶ“ピンク映画のアカデミー賞”「ピンク大賞」で最優秀作品賞を受賞した『ひまわりDays』や、同じく優秀作品賞に輝いた『赤いふうせん』など、映画ファンなら見逃してはおけないような傑作も。また、恵比寿マスカッツ1.5のメンバーとしても活躍する川上奈々美主演の『つないだ手をはなして』、浜崎真緒、栄川乃亜らが出演する『怪談 呪いの赤襦袢』、天使もえ主演の『愛しのデコトラ天使』など、人気セクシー女優が主演する作品もある。

浜崎真緒主演の『怪談 呪いの赤襦袢』は『発狂する唇』(00)の佐々木浩久監督によるホラー | [c]OP PICTURES

「老若男女関係なく、ピンク映画に興味がありながらもきっかけがない、という方にぜひ観ていただきたいです!」と鍋島氏も語るように、バラエティに富んだ18作品を観ればピンク映画の魅力が少なからずわかるはず。ぜひ、この機会に足を運んでその世界に触れてみてはいかがだろうか。

文/トライワークス

■OP PICTURES+フェス2018
開催:8月25日(土)~9月14日(金) テアトル新宿
   10月13日(土)~26日(金) シネ・リーブル梅田 
OP PICTURES+フェス2018 公式サイト

関連映画

関連映画ニュース

[c]OP PICTURES| [c]ENBUゼミナール| [c]2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会| [c]KADOKAWA 2018| [c]2016「可愛い悪魔」製作委員会| (C)EBISU★MUSCATS PROJECT| [c] シグロ、レジェンド・ピクチャーズ、ミッドシップ| [C]『その男、エロにつき』製作委員会