• NEWS

芳根京子のツイートから奇跡のコラボが実現!『累』×『SUNNY』で「KASUNNY」!?

2018年8月24日 20:21

韓国国内で700万人以上を動員した大ヒット作『サニー 永遠の仲間たち』(11)を『モテキ』(11)の大根仁監督が90年代の日本カルチャーを散りばめて再構築した『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)と、累計発行部数230万部突破の大人気コミックを実写映画化した『累 -かさね-』(9月7日公開)が、SNS上でまさかのコラボを果たし大きな話題を集めている。

『SUNNY』に感動した芳根京子、ポスタービジュアルを1人で再現!? | [c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社 [c]2018「SUNNY」製作委員会

すべての発端は『累 -かさね-』で土屋太鳳とダブル主演を務める芳根京子が、事務所の先輩であり尊敬する女優でもある篠原涼子の主演作『SUNNY』を鑑賞したことからはじまる。あまりの感動に「8回泣いた」とTwitterでつぶやいた芳根は『累』のスタッフを通じ、1人で同作のポスターを真似する「1人SUNNY」を行いTwitterに掲載。すると今度は篠原から、芳根演じる累の顔が映し出された特製うちわを手にした写真がお返しとして送られてきたのだ。

【写真を見る】篠原涼子が事務所の後輩・芳根京子にエールを送る! | [c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社 [c]2018「SUNNY」製作委員会

映画の枠を超え、互いにエールを送り合った2人の様子に“強い愛”を感じた両作のスタッフの粋な計らいで、今度は『累』と『SUNNY』を本格的にコラボさせた「KASUNNY(カサニー)」ビジュアルが作られることに。「1人SUNNY」をしている芳根の画像に『累』を表したキャッチコピーを重ねたこのビジュアルには、思わず芳根も「な、なんだこれは、、!」とつぶやいてしまうほど。

話題の2本の映画が奇跡のコラボ!「KASUNNY」って? | [c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社 [c]2018「SUNNY」製作委員会

ポップできらびやかな青春を描く『SUNNY』と、劣等感と欲望にまみれたドロドロバトルを描いた『累』と、正反対の映画ではあるが、それぞれの主演女優同士の“強い気持ち”が“かさね”られて奇跡のコラボレーションが実現。芳根と篠原は『今日も嫌がらせ弁当』(2019年夏公開)で母娘役として芳根のデビュー作となった「ラスト・シンデレラ」以来の共演を果たすだけに、今後も2人の“強い愛”から目が離せない!

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース