• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 木村拓哉と二宮和也、『検察側の罪人』に続いて原田組で共演!?「ギトギトの悪党の木村さんを観たい」
  • EVENT

木村拓哉と二宮和也、『検察側の罪人』に続いて原田組で共演!?「ギトギトの悪党の木村さんを観たい」

2018年8月24日 13:56

『検察側の罪人』初日舞台挨拶に登壇した木村拓哉と二宮和也

木村拓哉と二宮和也が初共演した映画『検察側の罪人』の初日舞台挨拶が、8月24日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、木村、二宮、吉高由里子、八嶋智人、松重豊、原田眞人監督が登壇し、鏡開きを行った。

『検察側の罪人』は、雫井脩介の同名小説を映画化した社会派ミステリー。時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生まれる冤罪など、司法制度の闇に斬り込む。木村は、エリート検察官・最上毅役を、二宮は最上をリスペクトする新人検察官・沖野啓一郎役に扮した。

木村は演じた最上役について「検察官という責任のある人間が、一線を越えて罪人になる。彼なりの正義を自分は理解しないと、すべて嘘になるなと。自分なりに最上をとことん理解したいなと思ってやりました」と熱い想いを口にした。

原田は木村について「モノマネが上手いんです」と称えると、会場から笑いが漏れる。「ラジオで聴いてたら、僕のモノマネも上手くて。現場ではしませんでしたが(苦笑)。ほかのキャラクターのモノマネもすごく上手い」。

木村は「その時の監督はこういう感じでしたと、他人に伝えるにはそれが一番早いかなと。手段です」と笑顔を見せた。

また、自らの正義を信じて成長を遂げる沖野役を演じた二宮は「どんどん生気が戻ってくる感じを出したいなと。どんどん体調が良くなり、顔色が良くなると考えたんですが、僕は通年、顔色が悪いので(苦笑)。陽に当たらないから。でも、想いが強くなっていくことは考えていったと思います」と役作りについて述べた。

原田監督は沖野が激昂するシーンを称え「リハーサルは、キレる寸前で止めといたら、本番は2、3倍でキレてくれた。はあ、すげえなと。ものすごく良かったです」と二宮を称賛した。

また、原田監督は木村と二宮を再度迎え、自身が監督した、若いチンピラとペルー育ちの日系人との交流を描くロードムービー『KAMIKAZE TAXI』(95)をリメイクしたいと言う。原田監督が「ギトギトの悪党の木村さんを観てみたい」と言うと、二宮もうれしそうにうなずく。木村も「ギットギトでいきたいと思います」と力強く語った。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 TOHO/JStorm| [c]1996-2019 WOWOW INC.| [c]松竹