• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 北欧イケメン俳優の“彫刻の肉体”…実在したテニス選手に迫る肉体美&オーラに惚れる!
  • COLUMN

北欧イケメン俳優の“彫刻の肉体”…実在したテニス選手に迫る肉体美&オーラに惚れる!

2018年8月23日 16:45

マッツ・ミケルセンにアレクサンダー・スカルスガルドなど、美しい俳優たちの宝庫でもある北欧より、新たな俊英が登場!スウェーデン出身のスベリル・グドナソンは、彫刻のような筋肉と風格のある端正なマスクを持ち、全身から大人の色気を漂わせる。そんな、彼の美しいビジュアルを余すところなく堪能できる映画が『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(8月31日公開)だ。グドナソンのアスリートかと見紛うほどの肉体美を劇中写真と共に紹介したい。

ビヨン・ボルグの背中を追う、世界ランキング2位の“炎の男”ジョン・マッケンローとの戦いが描かれる | [c] AB Svensk Filmindustri 2017

今回グドナソンが演じているのは、1980年当時“テニス界の絶対王者”として世界ランキング1位の座に君臨していたビヨン・ボルグ。まるでハリウッドスターのような人気を誇り、美しいビジュアルと神がかったプレイで、テニスに興味のない人々をも虜にしたスター選手だ。グドナソンは、肩までかかった髪をなびかせ、クールで美しい立ち振る舞いで“氷の男”と呼ばれたボルグを体現している。

特に、本物のテニス選手のように引き締まった彼の筋肉は見目麗しく、試合シーンのテニスウェアからのぞく胸板や二の腕、ショートパンツ越しの太ももなど、見どころが満載!グドナソンは、この肉体を作り上げるためにテニスはもちろん、基礎トレーニングを撮影の5か月前から行い、半年間をかけて完成させたという。

北欧イケメン俳優の肉体美を余すところなく堪能できる! | [c] AB Svensk Filmindustri 2017

さらに、ベッド&シャワーシーンも登場し、彼の全身をくまなくチェックできてしまうのだが…これらは世界チャンピオンのプレッシャーに苦しむ姿を描いた重要な場面。強い男が見せる精神的な脆さに、思わず母性がくすぐられてしまうはず!?このような、ボルグの真に迫った姿は、彼に関する膨大な資料をかき集め入念な研究を行ったグドナソンの努力の賜物だろう。

注目株のスウェーデン出身俳優、スベリル・グドナソン。シャワールームで苦痛に身もだえる! | [c] AB Svensk Filmindustri 2017

現在39歳のグドナソンは、日本でもヒットしたスウェーデン映画『ストックホルムでワルツを』(13)にも出演。さらに、『ドラゴン・タトゥーの女』(11)の続編『蜘蛛の巣を払う女』(19年公開予定)に、前作でダニエル・クレイグが演じた主演ポストに抜擢されている。今後の活躍が期待される俳優の一人となったスベリル・グドナソン。彼の魅力が詰まった本作で、その筋肉美と鬼気迫る演技をチェックしてみてほしい!

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』は8月31日(金)より公開スタート | [c] AB Svensk Filmindustri 2017

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース

[c] AB Svensk Filmindustri 2017| [c] AB Svensk Filmindustri 2017 | [c]AB Svensk Filmindustri 2017| Carlo Bosco [c] StellaNova Filmproduktion AB, AB Svensk Filmindustri, Film i Vast, Sveriges Television AB, Eyeworks Fine & Mellow ApS. All rights reserved.| [c] Zodiak Finland Oy 2017 All rights reserved.| 写真:SPLASH/アフロ| 写真:アフロ| 撮影/木村篤史| [c]2018 Twentieth Century Fox | [c]2018 Twentieth Century Fox| [c]2018 Twentieth Century Fox Film Corporation