• EVENT

超人気声優たちがキャラボイスを生披露!“七つの大罪”メンバーが全員集合

2018年8月18日 15:57

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の初日舞台挨拶が開催!

累計発行部数2800万部を突破した超人気コミックを原作に、原作者・鈴木央の完全描き下ろしストーリーで描かれる大冒険バトルアニメーション『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』が公開初日を迎えた18日、東京・丸の内TOEI1で初日舞台挨拶が開催。今をときめく人気声優陣が大集結した。

本作は妖精族や女神族、魔神族が存在する世界。滅亡寸前だった大国・リオネス王国を救った伝説の騎士団“七つの大罪”は、翼の持つ天翼人が暮らす天空の世界“天空宮”へ飛ばされてしまう。3000年もの間封印されていた凶悪な魔獣の解放を防ぐため、儀式の準備をしていた天空界。そんななか、魔神族の集団<黒の六騎士>が天翼人たちの命をねらうため姿を現す。

応援隊長を務めるお笑いコンビ・よゐこ(濱口優、有野晋哉)の呼び込みのもと、登壇したのは主人公・メリオダス役の梶裕貴を筆頭に、王女エリザベス役の雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、坂本真綾、杉田智和、劇場版のゲストとして出演する森川智之の10名。主役級の超豪華声優の登場に満員の会場のボルテージは瞬く間に最高潮に達する。

“七つの大罪”メンバーが初めて揃ったことに梶は「感慨深いですね」と笑顔を浮かべ、隣に並んだ面々を見渡す。そして「もともとメリオダスも大罪のメンバーを集めることを目的に旅が始まっていくわけですから、キャラクターたちもそうですけど、こうして舞台上で皆様にお目にかかれて嬉しく思います」と、劇中になぞらえながら喜びを語った。

数多くの名台詞が登場する本作で「印象に残っている台詞はなにか?」と訊ねられると悠木は「ホークの『とんとことことこ』が大好きです」とノリノリで回答。ホーク役の久野に「ちょっと“生とんとこ”してよ〜」とお願いすると、大きな拍手が起こる中で恥ずかしがりながら久野が“生とんとこ”を披露。それをきっかけに、バン役の鈴木やゴウセル役の髙木らが相次いで自身のキャラクターの名台詞を生披露していき、満を持して梶が「お前は俺の大切なもんを傷つけた。それがお前の罪だぜ!フルカウンター!」を披露すると、割れんばかりの拍手と歓声が巻き起こった。

さらに、主題歌「空扉」を歌う乃木坂46から与田祐希と山下美月がスペシャルゲストとして登場し、天空をイメージした青と白の花束を梶に手渡す。そして「天空の旅をするならどのキャラクターと一緒がいい?」という質問を振られた与田と山下。与田が「危険だったら守ってほしいからメリオダス。でも癒しなのでホークちゃんが大好きなんです」と明かす一方で、山下はバンを選ぶ。すると鈴木がバンの声で「俺にはエレインがいるんだ」と神対応し、会場を大きく盛り上げた。

取材・文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]鈴木央/講談社 [c]鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会|  撮影/祭貴義道| [c]『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画『銀魂2』製作委員会| 撮影/黒羽政士| [c] 2018 森見登美彦・KADOKAWA /「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会 | [c]鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会| 原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊) [c]Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 [c]ぴえろ/集英社 [c]1994「幽遊白書 冥界死闘篇 炎の絆」製作委員会