• TOP
  • ニュース
  • 男・溝端淳平「親友と同じ人を好きになっても正々堂々と勝負!」
  • NEWS

男・溝端淳平「親友と同じ人を好きになっても正々堂々と勝負!」

2010年7月13日 19:11

左から・五十嵐隼士、溝端淳平、木南晴夏、大森絢音(手前)
左から・五十嵐隼士、溝端淳平、木南晴夏、大森絢音(手前)

高知のよさこい祭りを題材にした青春映画『君が踊る、夏』(9月11日公開)の完成報告会見で溝端淳平、木南晴夏らキャスト陣と香月秀之監督が登壇。会見では、溝端の男前な恋愛観や、子役の大森絢音とのエピソードが大いに盛り上がりを見せた。

まずは、高知県知事と市長の挨拶の後、東京女子流が本作のイメージソング「きっと 忘れない」を熱唱。その後、溝端淳平、木南晴夏、五十嵐隼士、大森絢音、宮崎美子、高島礼子、香月秀之監督が登壇した。

恋、友情、仕事に悩む主人公・寺本新平役を演じた溝端淳平は、「今回は“……”のセリフが多い“受ける”芝居だったので、どういうふうに自分が映ってるのかわからなくて不安でしたが、自分のいいところを監督はじめスタッフのみなさんに撮っていただきました」と感謝の気持ちを語った。

本作で新平は、木南晴夏扮するヒロイン・野上香織を巡って、五十嵐隼士扮する親友・大滝司と三角関係になる。その関係性について溝端はこう語った。「(三角関係になったと聞いても)香織がそうだって言うまで信じないし、僕ならはっきりさせたいだろうから、そのまま(新平のように)上京はできないなと。でも、自分だったら、親友と同じ人を好きになるのは仕方がないことだから、正々堂々と勝負したい」。

一方、木南は、「彼の親友まで(自分に)惹かれていたら重いですね。めんどうくさい(笑)。でも、現場では、ふたりとも私なんて通り越して、『絢音ちゃん、絢音ちゃん』って追いかけててちょっと悲しかったです」と苦笑い。五十嵐は、「司と同じく、僕もおかまいなしにガツガツ行っちゃう。でも、2年くらいでめげるでしょって思ってます」と笑顔で語った。

溝端は続けて大森絢音に、「撮影しながらの(よさこいの)練習は大変だったけど、絢音ちゃんには癒されてました。ゾッコンでした」とラブコールを送ると、大森は照れながら「嬉しいんですけど、年の差が……」とハニカミコメントをし、全員が大爆笑。

最後に溝端が、本作をこうアピール。「ただの青春映画ではなく、大人の人も楽しめてあったかい気持ちになれるし、さわやかな涙も出ます。ぜひ観た後は、大切な人に電話をしてほしい」。

恋や友情、家族愛が高知の大自然を背景に力強く描かれた人間ドラマ『君が踊る、夏』。まさに、よさこい祭りの夏を映画館で体感できるので、親しい人を誘って夏の熱気を味わいに行こう。【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース