• NEWS

幕末を駆け抜けた熱き志士をEXILEのAKIRAが好演

2010年10月04日 15:00

EXILEのAKIRAが時代劇に初出演。どんな演技を見せてくれるのか期待が高まる | [c]2010「半次郎」製作委員会

大河ドラマ「龍馬伝」をきっかけに幕末ブームが世間をにぎわせているなか、その「龍馬伝」と同じ時代を描いた作品『半次郎』が10月9日(土)より公開されることになった(九州では9月18日より先行公開)。ちなみに本作は、EXILEのAKIRAが凛々しい薩摩藩士姿を披露することでも話題の1本だ。

『半次郎』は、西郷隆盛を支えながら幕末から西南戦争を戦い抜いた“人斬り半次郎”の異名をとる侍・中村半次郎の姿を描いた歴史ドラマ。俳優・榎木孝明が主演&企画をこなした本作でAKIRAが演じるのは、主人公・半次郎と共に戦う薩摩藩士・永山弥一郎だ。

EXILEのパフォーマーとして華麗なダンスを披露する一方、『花より男子ファイナル』(08)や主演作『ちゃんと伝える』(09)、高校教師役を演じた「タンブリング」(TBS)など話題作に続々と出演し、俳優としての活躍の場も着実に広げているAKIRA。時代劇は今回が初めてとのことだが、流暢に薩摩弁を話し、殺陣シーンも見事に演じきっている。特に川の中で激しく斬りあうシーンは迫力満点で、その勢いは是非とも大画面で確かめて欲しい。

“日本を良くしたい”という熱い想いを胸に、幕末を生きた男たちの生き様を描く『半次郎』。そこで魅せるAKIRAの演技力に注目だ。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2010「半次郎」製作委員会