• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • ピクサーなのに昭和ノリ!?“スーパー家族戦隊”インクレディブル・ファミリー日本限定映像が到着
  • NEWS

ピクサーなのに昭和ノリ!?“スーパー家族戦隊”インクレディブル・ファミリー日本限定映像が到着

2018年7月24日 18:00

世界の危機を救うため一家団結!ついに末っ子も加わる | [c]2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

14年前に世界中の観客を魅了したアニメーション映画『Mr.インクレディブル』(04)の、待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』が8月1日(水)より公開となる。一足早く全米で公開を迎え、『アナと雪の女王』(14)や『トイ・ストーリー3』(10)を抜いてアニメ作品歴代1位の記録を打ち出した注目の本作から、日本限定スペシャルクリップが2本解禁された。

物語の主役は、全員がそれぞれ異なるスーパーパワーを持ったヒーロー家族。超人的な力をもつパパ・ボブ、伸縮自在なゴム人間のママ・ヘレン、超高速移動できる長男・ダッシュと、鉄壁バリアで防御できる長女・ヴァイオレット。そして、スーパー・パワーに目覚めたばかりのまだまだ未知数な赤ちゃんジャック・ジャックを加え、家事も育児も世界の危機も、驚異のスキルと家族の絆で立ち向かう。

解禁されたクリップは、“スーパー家族戦隊篇”と“スパイアクション篇”の2種。

“スーパー家族戦隊篇”は、どこか懐かしい軽快な音楽とナレーションがついており、昭和の戦隊ヒーロー作品のような仕上がりに。“スーパー家族戦隊インクレディブル・ファミリー”の巨大なロゴが現れたあと、各キャラクターのスーパーパワーが「怪力無双」パパ、「伸縮自在」ママ、「鉄壁防御」ガール、「電光石火」ボーイとそれぞれキャッチーな四字熟語で表現される。本作で本格的にパワーを開花させる末っ子ジャック・ジャックにいたっては、「暴走怪獣」ベイビーと称されるなど、5人のキャラクターを遊び心たっぷりに紹介した映像となっている。戦隊シリーズのリーダー色であるレッドを身にまとった5人は、果たして世界を救うことができるのか。

“スパイアクション篇”はガラリと変わり、アップテンポの音楽も含めてまさに超大作スパイアクション映画を彷彿とさせる。家族の華麗な活躍シーンに焦点を当てたこちらでは、イラスティガールが飛行中のヘリに飛び乗り、暴走する列車の上をバイクで疾走するなど、度肝を抜かれるようなアクションが楽しめる。『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』(11)で実写アクション映画も手掛けたブラッド・バード監督は、本作に大きな影響を与えたのは「60年代のスパイをテーマにしたテレビシリーズや映画」だと語る。つまり本作とスパイアクションの親和性は高く、アニメーションの枠を越えたド迫力の映像にも納得だ。

最新作『インクレディブル・ファミリー』に詰まった魅力をそれぞれ引きだしたユニークな2本のスペシャルクリップ。公開を楽しみに待つ皆さんも、ぜひチェックしてほしい。

文/編集部

「スーパー家族戦隊篇」


「スパイアクション篇」

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.| [c]DISNEY/PIXAR|  [c]2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.| [c]2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.