• NEWS

織田裕二、『踊る3』全国生中継の初日舞台挨拶で「和久さんに観てほしい!」

2010年7月03日 12:45

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』の初日舞台挨拶が大盛況!

話題沸騰、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』(7月3日公開)の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日劇1で開催。織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリアらレギュラー陣と、伊藤淳史、内田有紀、小栗旬ら新メンバー、本広克行監督、脚本家の君塚良一ら総勢13名が登壇。舞台挨拶は、全国41のTOHOシネマズの劇場に詰めかけた1万人の観客の前で生中継された!

最初にマイクをもったのは、強行犯係係長に昇格した青島役の織田裕二。「紆余曲折あったけど、ようやく届けることができます。朝早くから1万人も集まっていただき、ありがとうございます!」と元気よく挨拶。

7年ぶりに本作が映画化された経緯については、時折言葉を詰まらせながらこう答えた。「和久さん(故・いかりや長介)が亡くなられ、何も考えられなくなって止まってしまった時期があって。そしたら和久さんから『いつまでそこにいるんだよ。おまえらは作れるんだぞ』って言われた気がして。俺たちが和久さんを送り出せる物をちゃんと作らないと、と。生きること、仲間を大事にして作ったのが、この『踊る3』。和久さんにも観てほしい」。

続いて、マイクは警視庁長官官房審議官となった室井役の柳葉敏郎へ。「室井は、青島のおかげで、なんとか首がつながったかなと」と、感慨深い表情で語った。また、すみれ役の深津絵里も「おもしろいものを作りたいという思いで作った奇跡の映画」と笑顔でスピーチした。

ムードメーカーであるユースケ・サンタマリア扮する真下正義は、今回、新署長に昇格する。「早くもみなさんの署名のおかげで、スピンオフ『新署長 真下正義の憂鬱』が決まり、今年の11月から撮影に入ります。また、伊藤くんと小栗くんと“サ・ブブセラ3”として、歌を出すことになりました」と大ボラ発言し、会場は大爆笑。それを受けた伊藤が「ブブセラ3、めいっぱい活動していきたいと思います」とつなげると、小栗も「ブブセラ3の小栗旬です。僕もできるかぎり頑張っていきたいと思います」とギャグを被せて大爆笑に。小栗は続けて「こんなに愛されてる映画があるってのは素晴らしいことだなと」と、シリーズ参加の喜びを語った。

その後、全国の中継先である劇場に向けてメッセージを送ることに。大分出身のユースケは、「大分のみんな、がんばっちょんか?」と声をかけ、この後、秋田こまちスタジアムでヤクルト×中日戦の始球式を行うという柳葉は、「室井慎次がやります。待っててけれな」と呼びかけると、会場から大歓声が上がる。

全国1万人のファンを楽しませてくれた初日舞台挨拶は大盛況だった。今日から始まった『踊る3』だが、引き続き劇場では、首を長くして待ったファンたちが7年ぶりの『踊る』を観て、胸を踊らせているに違いない。【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2010 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー| [c]2012 J Storm Inc.| [C]フジテレビジョン| [C]2012 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー| [c]フジテレビジョン| [c]2010「ばかもの」製作委員会| [C]2010 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー