• NEWS

実写版『BLEACH』本日公開!「Mステ」でアレキと福士蒼汰が激レア共演

2018年7月20日 17:00

主題歌・[ALEXANDROS]×主演・福士蒼汰がMステ出演 | [c]久保帯人/集英社 [c]2018 映画「BLEACH」製作委員会

久保帯人の人気コミックを実写映画化し、本日公開となった『BLEACH』から、このたび壮絶なバトルシーンのメイキング映像が解禁となった。また、今晩20時放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」にて、主題歌を歌う[ALEXANDROS]に加え、主人公・黒崎一護を演じる福士蒼汰も応援出演することが発表された。

霊が見えること以外は普通の高校生活を送っていた一護は、“死神”と名乗る謎の少女・朽木ルキア(杉咲花)から死神の力を譲り受け、“死神代行”として人間の魂を喰らう悪霊・虚<ホロウ>と死闘を繰り広げていく。しかし死神に怨みを持つ滅却師<クインシー>一族の生き残りである石田雨竜(吉沢亮)は一護に敵意を燃やし、さらには、人間に死神の力を譲渡してしまったルキアを捕えるため、ルキアの義兄である死神・朽木白哉(MIYAVI)や阿散井恋次(早乙女太一)からも命をねらわれる身になってしまう…。

本日、映画の公開にあわせて解禁されたのは、登場キャラクター各々が心に決めた“護る”べきもののために闘う、クライマックスシーンのメイキング映像。大規模なオープンセットで撮影が行われ、大破した車や燃え上がる炎をバックに、福士らの壮絶なアクションが繰り広げられる。撮影には大がかりなクレーンやCG機材、ワイヤーワークなどの高度な技術が駆使されており、さらに、20分のシーンをなんと2週間かけて撮影したということで、世界観への強いこだわりを感じずにはいられない。

映像では、各キャストからのコメントも寄せられており「MIYAVIさんが“白哉”と聞いた時にワールドワイド(な感じ)になった」(福士)、「どデカいセットの中で芝居をすること自体初めてだったので、興奮しました」(吉沢)、「こういった特殊な作品に出れたことは、大きな経験になりました」(早乙女)、「チームが1つになっていたことは、僕的にはすごく嬉しかったです」(MIYAVI)とそれぞれ語った。

また、映画公開日の本日(7月20日)放送される「ミュージックステーション」(テレビ朝日系列)にて、主題歌を披露する[ALEXANDROS]のもとに、福士の応援出演が決定。この日のためだけに制作された特別映像に合わせて激レアなパフォーマンスが実現する。

ボーカルを務める川上洋平は、熱狂的な映画ファンとしても有名。本作を鑑賞した川上は「主人公の一護は、ただ強いだけではなく弱さや色々な葛藤もあって、観ている自分自身を一護というキャラクターに投影できるような、そんな余白を感じられる主人公です。心動くアクション映画、そんな映画です」と、一護に自分自身を重ねたことを明かしている。

メイキングで見られるような難易度の高い撮影のあとも、こだわり抜いたCG制作作業が約1年をかけて行われ、満を持しての公開となった『BLEACH』。本日発表されたメイキング映像とMステ出演で、より一層盛り上がりそうだ!

文/編集部

関連映画

  • BLEACH

    2018年7月20日(金)

    • みたいに登録した人:39人
    • 評価:★★★★☆

関連映画ニュース

[c]久保帯人/集英社 [c]2018 映画「BLEACH」製作委員会| [c]久保帯人/集英社 [c]2018映画「BLEACH」製作委員会| 撮影/黒羽政士| [c]久保帯人/集英社[c]2018 映画「BLEACH」製作委員会| [c]久保帯人/集英社 [c]2018映画「BLEACH」製作委員会| [c]2018映画『曇天に笑う』製作委員会 [c]唐々煙/マッグガーデン