• GOSSIP

『SATC』シリーズ、12年の歴史に幕?

2010年7月1日 09:51

これでお開きか?
これでお開きか?[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

1998年から2004年にかけて米ケーブルテレビHBOで放送され、2本の映画が劇場公開された『SATC』シリーズが、噂通り、12年の歴史に幕を閉じることになった。

サラ・ジェシカ・パーカー、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン、キム・キャトラル主演のテレビ全6シリーズ94エピソードが大ヒットしたのを受けて製作された『セックス・アンド・ザ・シティ』(08)が予想を上回る大ヒット。早くも3部作計画説が浮上した。さらに『セックス・アンド・ザ・シティ2』(10)の公開前は前売券の売り上げも上々だったため、脚本も手がけるマイケル・パトリック・キング監督は、「いろんな構想がありますが、今度の舞台はニューヨークからロンドンにしようかと考えています」などと次回作への展望を語っていた。

しかし、実際には、オープニング3日間の興行成績が5700万ドルだった『SATC』に比べ、『SATC2』は3700万ドルと大幅ダウン。そのうえ民族問題や4人の極端すぎるキャラクター設定などに対する悪評が相次ぎ、公開直後からシリーズ第3弾の製作を危ぶむ声が聞かれていた。

関係者がグラッツア誌に語った情報としてデイリー・メイル紙が報じたところでは、「サラは続編を切望していたので、この決断にかなりのショックを受けている」とのこと。恋愛とセックスの指南役を担ってきた同シリーズがなくなってしまうのは、サラだけではなくファンにとってもショッキングな出来事に違いない。【NY在住/JUNKO】

関連映画

関連映画ニュース