• NEWS

BL界の売れっ子監督&脚本家が描く麗しいベッドシーンに胸キュン!

2010年8月04日 18:00

対照的なふたりが見せる大胆なベッドシーン | [c]2010 紺野けい子・フロンティアワークス/「愛の言霊〜世界の果てまで〜」Partners

前作『愛の言霊』(07)より3年、紺野けい子による同名人気BLコミックを再映像化した『愛の言霊 世界の果てまで』が8月7日(土)から公開となる。前作でBLファンを虜にした金田敬が再び監督を務め、大人気BL小説を原作にした『タクミくん』シリーズ(07〜10)の金杉弘子が脚本を担当するなど、BL界きっての売れっ子がコンビを組むことになり注目を集めている。

“13代目いいとも青年隊”やミュージカル「テニスの王子様」の植野堀まことが、長編映画初出演にして初主演。中性的でどこか幼い雰囲気の残る植野堀が、男性への恋に目覚めていく青年・裕文を初々しく演じて見せる。それに対し、裕文に恋心を抱かれる広告代理店のエリート社員・慎司は、ワイルドで精悍な大人の男。演じるのは『タイマン』(09)の主演や、ミュージカル「テニスの王子様」などの出演で人気上昇中の河合龍之介だ。

仕事上で反目し合っていたふたりだが、ある共通の知人を介して急接近することになり、そしてついに一線を越えてしまう。そこでは、まさにBLファンの理想を体現したような大胆さと麗しさを備えたベッドシーンが映し出される。BLファンならずとも、色男ふたりの恋愛模様に心がときめいてしまうはず?【トライワークス】

関連映画ニュース

[c]2010 紺野けい子・フロンティアワークス/「愛の言霊〜世界の果てまで〜」Partners| [c]2012秋月こお/角川書店・富士見二丁目交響楽団シリーズ製作委員会| [c]2010 富士山ひょうた / フロンティアワークス / 「純情」Partners