• NEWS

“シャーロットと同化していますね”女優・松谷彼哉が語る『SATC』の魅力とは PART2

2010年6月25日 14:44

『SATC』の女性たちはがつがついく肉食系タイプですね
『SATC』の女性たちはがつがついく肉食系タイプですね

PART1はこちらから http://news.walkerplus.com/2010/0625/11/

――『SATC』は女性から圧倒的支持を得ていますが、男性はちょっと敬遠気味なところがあります。そんな男性たちはどこに注目するのが良いと思いますか?

女性たちが好みの男性について、ずばずばと本音で語り、ああでもない、こうでもないとやっているので、そこで男性自身は自分を投影してしまうのかも。きっとギャップも大きいでしょうね。そして、男性は女性の本音を聞くのが正直怖いというのがあるかもしれません。『SATC』に登場する女性たちはかなりがつがつした、いわゆる肉食系ですが、日本の男性はわりとおしとやかで大和撫子風の女性を好んでいるから、引いてしまう部分も大きいかなと思います。でも、今の草食系男子には逆にはまるかもしれませんよ。『SATC』をかじる程度でも良いので観ておくと、女性と会話もできておもしろいはずです。『SATC2』を一緒に観て、劇場を出てから「アブダビに連れて行って」と言われると、やっぱり困ってしまうでしょうけどね(笑)。そして『SATC』を観る男性は、新しいものが好きな方が多い気がします。最新のファッションや流行を早く知りたいとか、そういった視点で観ている方ですね。女性のタイプも様々で、それぞれが魅力を持っています。なかにはちょっとHなシーンもあったりするし、女性と一緒に観ていると反応に困るかもしれませんが、それらも含めて観るのが『SATC』ならではの楽しみだと思います。

――今作『SATC2』で一番力を入れたシーン、印象に残っているシーンを教えてください?

一番力を入れたシーンはもちろん全部ですが、深く印象に残っているのは、ホテルのバーでミランダと話をするシーンですね。シャーロットは、プライドもあって、いつも体面を気にして、幸せよと言って

いたいんです。そういう気持ちを幾つも胸の内に秘めていながら、でも面には出せない。ミランダの前では、それらの問題を素直に打ち明けられるんです。こんな親友を持てると本当に幸せだと思います。

――では『SATC』の登場人物で好きな男性は誰でしょうか?

シャーロット役としてこういうことを言っていいか分かりませんが(笑)。スミスが一番ですね。ナイスガイでしょう。あとはスティーブかな。これは吹替をされている中尾隆聖さんのファンということもあるのですが。※スミス・ジェロット(ジェースン・ルイス、声:三木眞一郎)、スティーブ・ブレディー(デーヴィッド・エーゲンバーグ、声:中尾隆聖)

――最後になりますがこれから『SATC2』を劇場で観ようとする方へアピールを!

ドラマをずっと観ている方はそのまま楽しめて、より臨場感を味わえると思います。もちろん字幕で観るのも良いですが、是非字幕版をお勧めします! 字幕ではやっぱり情報量が多いので、吹替版でセリフを聞きながら、深く『SATC』の世界観に没入できますよ。一番良いのは字幕版も観て、吹替版も観て、ですね(笑)。もちろん、ドラマを観ていない方でも映画を十分に楽しめるので、これで興味を持っていただき、映画の後にドラマも観ていただけると嬉しいですね。逆でも十分に楽しめますよ!

6/26(土)から始まる舞台『スタア』の本番稽古直前の短いインタビュー時間で『SATC』の魅力をたっぷり語ってくれた。きらきらした瞳で

『SATC2』は6月23日現在、動員数約95万人、興行収入12億円、今週末にも100万人突破を見込んでいる。またアメリカの興行収入も6月22日までに約9100万ドルに達している。現在公開されているスクリーンのうち、字幕版は約300、吹替版が約100となっているので、『SATC』の世界観にどっぷりと浸りたい方には是非吹替版のスクリーンをお勧めしたい。【Movie Walker】

■劇団昴公演『スタア』/作=筒井康隆、演出=久世龍之介、
公演日:6月26日(土)〜7月4日(日)
場所:俳優座劇場
料金:一般5,500円、学生3,500円、ペアチケット10,000円
チケット予約
・劇団昴チケットコール 03-6907-8415※月曜〜金曜の10時〜18時受付(平日のみ)
・電子チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:403-122】
・ローソンチケット 0570-084-003【Lコード:35697】
※学生・ペアチケット・オープニングチケットは劇団のみ取り扱い。学生は当日学生証が必要。
問合せ:劇団昴 03-6907-9220 http://www.theatercompany-subaru.com/

関連映画

関連映画ニュース