• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 「ブラックペアン」猫田役で話題の2世女優・趣里が菅田将暉の恋人役に。圧巻の泣きわめき映像が公開!
  • NEWS

「ブラックペアン」猫田役で話題の2世女優・趣里が菅田将暉の恋人役に。圧巻の泣きわめき映像が公開!

2018年7月05日 7:00

先日終了した日曜劇場「ブラックペアン」で、二宮和也演じる主人公の右腕的存在の看護師を演じ、印象的な演技からインパクトを残した趣里。水谷豊と伊藤蘭の娘であり、個性派として唯一無二の存在感を放つ彼女が主演を務める映画『生きてるだけで、愛。』(11月9日公開)から、特報映像とティザービジュアルが公開となった。

本作は三島由紀夫賞候補にもなった本谷有希子の同名小説を映画化したラブストーリー。問題を抱えながらも不器用に生きる男女の姿を描く。趣里が演じるのは、菅田将暉扮する津奈木と同棲しているヒロインの寧子。うつ病が招く過眠症のせいで、引きこもり気味になっており、自分の感情を上手くコントロールできないという役どころだ。

『生きてるだけで、愛。』は11月9日(金)より公開 | [c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

「多分、私たちが分かり合えたのなんて、ほんの一瞬ぐらい」という寧子のかすれ気味の声がせつないナレーションで始まる特報映像では、津奈木の腕に抱かれスーッと静かに涙を流したり、わめきながら暴れ散らしたりと、両極端に感情を爆発させた、ふり幅のある演技で不安定な人物像を体現。

また、寧子がビルの屋上で布を纏いながら、夕暮れの街並みを見つめるシーンでは、どこか憂いを感じさせる横顔を披露。ミュージックビデオやCM出身の関根光才監督が16ミリフィルムで撮影したざらつきのある耽美な映像と相まり、1分余りの短い映像ながら、独特の存在感を発揮している。

津奈木役を演じるのは『あゝ、荒野』(17)で昨年の映画賞を総なめにした菅田将暉。ほかに田中哲司や西田尚美、松重豊、仲里依紗といった実力派俳優、そして『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17)で注目を集め、NHKの連続テレビ小説「半分、青い」に出演中の石橋静河らが脇を固める。

主人公・寧子を演じている趣里は、名優・水谷豊と元キャンディーズの伊藤蘭の娘として知られる。山戸結希監督の『おとぎ話みたい』(13)や池田千尋監督の『東京の日』(15)で主演を張った彼女が、寧子役を熱演する。両親譲りのオーラを武器にした類まれな個性で話題を集める趣里。女優としての魅力が詰まった本作に、ぜひ注目してほしい!

文/トライワークス



関連映画

関連映画ニュース

[c]2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会| [c]2019映画「轢き逃げ」製作委員会| [c]2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社| [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会| ©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社| [c]2012 映画「東京無印女子物語」partners