• NEWS

フカキョン4年半ぶりの映画主演で3役3変化

2010年6月18日 12:12

4年半ぶりに主演を務める深田恭子と相手役の椎名桔平 | [C]2010「恋愛戯曲」製作委員会

鴻上尚史の大ヒット舞台を映画化した『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』(9月25日公開)で、深田恭子が4年半ぶりに主演を務める。なんとこの映画で深田は“現実のわがままで男を振り回す脚本家”“彼女が書く台本の地味で淋しい人妻”“その人妻が書く台本のゴージャスな女性作家”という現実と脚本の中の3人のヒロインを演じ分けている。「1つの映画のなかで気持ちの切り替えなど、どう演じていくか迷いましたが、あまり迷う設定ではなかったので、“楽しく、ベタに、ポップに”演じてみました」とコメントしているように、楽しんで演技ができたようだ。

相手役には深田と初競演となる椎名桔平が、ヒロインに翻弄されるコミカルな役に初挑戦。椎名は「この上質なコメディーセンスと、シリアスな人間模様は鴻上監督ならではのもの。想像の世界の、さらにまた想像の世界が入り交じり、不思議な空間に誘われていく、今までにない恋愛映画だと思います」と、鴻上作品への手応えを感じていた。また、ベテラン椎名の演技について深田は「椎名さんは作品中で様々な表情を細かく表現されており、とても勉強になりました。また撮影の合間は気さくに話しかけてくださり、とても楽しい現場になりました」と、現場での雰囲気も上々だったとのこと。

本作には他にも塚本高史、中村雅俊、清水美沙、西村雅彦、井上順など、バラエティに富んだ豪華な俳優陣が集った。

男と周りを振り回しながら、恋に仕事に頑張る大人の女性を演じる“フカキョン”の魅了あふれる3変化に注目したい【Movie Walker】

関連映画ニュース

[C]2010「恋愛戯曲」製作委員会| [C]2010「恋愛戯曲」製作委員会 | [c]2010「恋愛戯曲」製作委員会 | Film [c]2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. Artwork and Packaging Design [c] 2010 Universal Studios. All Rights Reserved.| (c)2008 Tatsunoko Production/Yatterman Film Partners