• NEWS

早くも一周忌 故マイケル・ジャクソンの素顔に迫ったドキュメンタリー

2010年6月22日 15:48

”史上最も成功したエンターテイナー”マイケル・ジャクソンの真の姿が見られる作品が登場 | [c]Flamingo Features, All copyrights reserved [c]Frank Micelotta/Getty Images

“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンが急逝して早くも一年が経とうとしているが、その一周忌に合わせて彼の素顔に迫ったドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』(6月25日公開)が公開されることになった。

彼の死を惜しむ声は止む気配がなく、今なお愛され続けるマイケル。行なわれるはずだったコンサートのリハーサル映像を映画化し、異例の公開となった『THIS IS IT』(09)の大ヒットも記憶に新しいが、本作ではコンサートから離れ、謎に包まれていたマイケルの“素顔の部分”を堪能することができる。

マイケルが最も信頼する人間たちに依頼し、彼の私生活にカメラが密着するという手法で撮られた本作。故郷を訪れ、周囲の人たちと触れ合う優しい表情や、親しい招待客に囲まれたバースデイパーティーで、生クリームを塗られおどける笑顔など、劇中にはこれまで見たことのない彼の表情がたっぷり収録されている。さらに、マイケルの自宅であるネバーランド内の映像も収められ、これを見れば彼が生涯持ち続けた“純粋さ”を改めて確認することができるはずだ。

イメージばかりが増幅し、自身が偶像として扱われることに「メディアが取り上げる自分は本当の自分ではない」と苦悩していたマイケル。本作を見ることで「彼も一人の人間であり、常にみんなの親愛なる友人だった」という切実なメッセージを受け止めてほしい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース