• NEWS

フェルメール絵画のような映像美、『チューリップ・フィーバー』予告編解禁

2018年6月26日 10:00

まるで絵画を切り取ったよう 『チューリップ・フィーバー』場面写真より | [c]2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

アカデミー賞受賞女優のアリシア・ヴィキャンデルと『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンによるラヴストーリー『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』が10月6日(土)より公開となる。「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という思いから生まれたベストセラー小説を映画化した本作で、このたび、映像美あふれる予告編が解禁となった。

舞台は、「黄金時代」と呼ばれた17世紀オランダ。“絵画”と“チューリップ”の投資・収集が2大ブームだった当時は、希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当する「チューリップバブル」がピークを迎えていた。孤児として育った主人公ソフィアは親子ほど歳の離れた裕福な夫と結婚したものの、彼が切望する跡継ぎができないことが唯一の悩みだった。そんななか、夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。キャンバス越しに見つめ合い恋に落ちるヤンとソフィアだったが、ヤンがふたりの未来のために希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、思わぬ運命が立ちはだかる…。

解禁された映像では、主人公ソフィアが「真珠の耳飾りの少女」をオマージュした衣装やフェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた、絵画のような女性を体現。そして超高級チューリップに夢中になる民衆の姿には、「チューリップ・バブル」という狂気的な時代背景が如実に反映されている。他にも、予告編の中には主人公ふたりの許されぬ恋路、またフェルメール絵画へのリスペクトを感じるオマージュがところどころに散りばめられている。

また、映画公開の前売り特典として、邸宅1軒分程の金額という「高級チューリップ」のイラストが入った一筆箋のプレゼントが決定されているとのこと。

絵画ファンとミステリーファンを熱狂させたベストセラー小説を、『ブーリン家の姉妹』の ジャスティン・チャドウィック監督と、『恋におちたシェイクスピア』のトム・ストッパード脚本という実力派スタッフで映画化した本作。今回の予告編解禁により、ますます公開への期待が高まったことは間違いない。

文/編集部


関連映画

関連映画ニュース

[c]2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.| [c] 2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.| [c] Century Image Media (China)| [c]2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.| 写真:SPLASH/アフロ| [c]2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION| [c]Frenesy, La Cinefacture| [c]Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.| [c]2013 CTMG. All Rights Reserved.