• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 中川大志、“愛の告白”対決で男子生徒とハグ!佐野玲於&高杉真宙&横浜流星とサプライズ学校訪問
  • EVENT

中川大志、“愛の告白”対決で男子生徒とハグ!佐野玲於&高杉真宙&横浜流星とサプライズ学校訪問

2018年6月25日 17:40

イケメン4人衆がそろって高校を訪問!男子からの野太い声援も飛び交った

水野美波の人気コミックを映画化した『虹色デイズ』(7月6日公開)の“1日限りのスペシャル課外授業”が6月25日に東京・宝仙学園中学高等学校で開催され、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星がサプライズで登場。イケメン勢の揃い踏みに、約500名の生徒たちから悲鳴のような歓声が飛び交った。

本作は、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の友情と恋を描く青春ストーリー。キャスト陣の来校は生徒たちにはまったくのサプライズで行われた。いまをときめく“イケメンカルテット”だけに、4人が体育館に足を踏み入れるや「キャー!」と割れんばかりの大歓声。男子生徒からの野太い声も響き渡った。

生徒たちとハイタッチをしながら、入場した4人。挨拶をしようとするも、あまりの大歓声ぶりにマイクの声が聞こえなくなるほど。異様な熱気を目にした4人は目を丸くしながらも、ノリノリで拳を突き上げて「こんにちは!」とさらに会場を盛り上げ、佐野は「僕たちも男子高校生のノリを大切に演じた」と笑顔を見せていた。

この日は、現役男子高校生と本気の4番対決を実施することに。“体育担当”の横浜は1分間反復横跳び対決、“美術担当”の高杉は佐野の似顔絵1分描写対決、“国語担当”の中川はアイウエオ作文で恋の告白対決、“書道担当”の佐野は「青春と言えば?」のお題にそった言葉をつづる表現対決に挑んだ。

生徒は、挙手制で積極的に参加。“国語担当”の中川が握手とハグをして対決相手をステージに迎え入れると、会場から黄色い歓声が上がる。中川は「国語は得意」と意気込み、「にやにやしちゃう、じっと見つめちゃう、いっつも君のこと、ロックオンしているから」と恋の告白文をささいやいた。

中川の放つ胸キュンフレーズに女子生徒たちは「ギャー!」ともだえまくりで、女子生徒たちの拍手によって決まる勝敗も中川に軍配が上がった。中川は「(対決相手の生徒の作文が)めちゃくちゃよかった。焦りました」とねぎらい、肩を抱き寄せて男子生徒を称えていた。

また最後には4人一緒になって、男子生徒と綱引き対決。歯を食いしばって綱を引く姿に応援の声がかかり、見事に『虹色デイズ』チームが勝利。汗をかきつつも、生徒と握手やハグを交わすなど、熱い試合を経て「仲良くなれそう」と友情までも芽生えた様子だった。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「虹色デイズ」製作委員会 [c]水野美波/集英社| [c]朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT|  [c]椎葉ナナ/集英社 [c]2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会| [c]2018「虹色デイズ」製作委員会 [c]水野美波/集英社| [c]椎葉ナナ/集英社 [c]2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会| [c]2018「虹色デイズ」製作委員会[c]水野美波/集英社| [c]住野よる/双葉社 [c]君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ