• TOP
  • ニュース
  • 『銀魂2』は「次こそ爆死!」原作者・空知英秋(ゴリラ)が炎上必至のコメントを発表
  • NEWS

『銀魂2』は「次こそ爆死!」原作者・空知英秋(ゴリラ)が炎上必至のコメントを発表

2018年6月25日 05:00

『銀魂』続編のヒットを、あのゴリラが邪魔!?
『銀魂』続編のヒットを、あのゴリラが邪魔!?[c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会

累計発行部数5500万部におよぶ同名人気コミックを福田雄一監督が映画化し、なにかの間違いで最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画1位となるヒットを記録した『銀魂』(17)。はやくも製作された続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)に公開されるが、このたび、原作者のゴリr…空知英秋から、本作の応援になるのかどうかわからないコメントが到着した。

本作は、宇宙からやってきた「天人」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、主人公の坂田銀時とメガネ(志村新八)、神楽が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件を、SFと時代劇をミックスした世界観で描くアクション・エンタテインメントだ。

今回実写化されるエピソードは原作でもかなり人気の高い名エピソード「真選組動乱篇」と、隠れた人気キャラである、江戸幕府14代征夷大将軍こと“将ちゃん”が登場する「将軍接待篇」を融合させたもの。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが行く先々のバイト先でなんと将軍様と遭遇する羽目に。同じ頃、真選組には内紛により始まって以来の危機が迫る。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発する。この最大の危機に万事屋は、銀時はどう立ち向かうのだろうか…。

『銀魂2』では、銀時を演じる小栗旬を筆頭に、菅田将暉(新八役)、橋本環奈(神楽役)、中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、長澤まさみ(新八の姉・妙役)、岡田将生(桂小五郎役)、ムロツヨシ(平賀源外役)、佐藤二朗(役柄不明)、堂本剛(高杉晋助役)が続投キャストとして発表されていた。

さらに新キャストでは、銀時らの大家であるババアことお登勢役にキムラ緑子が発表され、その再現度の高さにSNSでは名女優の完璧なババアぶりに絶賛の声が。さらに先日「真選組動乱篇」でキーパーソンとして登場する2人のキャラクターが解禁。三浦春馬が伊東鴨太郎を、窪田正孝が河上万斉を演じることが明らかになり、大きな反響を呼んでいた。

原作者の空知もこの状況には喜びを隠せないようで「爆死確実と言われた超豪華俳優無駄遣いB級コスプレ映画、前作銀魂が予想を覆しまずまずのヒットを遂げられたのは、ひとえにコスプレを許してくれた生ぬるいファンの皆様の寛大な心、今飛ぶ鳥を落とす勢いというか、その鳥と同じ勢いで過労死一直線の福田監督、そして飛ぶ山田優をオトした小栗くんの頑張りのおかげです」と、福田監督、主演の小栗の労をねぎらった。

しかし、ヒットの要因としては「僕の原作の力と堂本剛の力、俺達二人合わせてGinKi Kidsの力だった」と意味不明な理由を掲げ、堂本剛を巻き添えに。さらに「勘違いしてもう一発当てちゃおう的な雰囲気になっている大人達がちゃんちゃらおかしくて、次こそ爆死だねって剛と二人で笑ってます」と述べ、まるで続編の失敗を望んでいるようにも映る。

最後には「みんな、じっちゃんの名にかけて絶対観に来てくれよな。来ないとお前を握ってやる!!」と、剛のみならず堂本光一主演の某作も思わせる、空知らしい皮肉のきいたコメントで結んだ。

6月14日にシルエットビジュアル5人分が公開され、それぞれ誰が演じているのかと大きな反響を呼んでいた本作。三浦春馬が伊東鴨太郎を、窪田正孝が河上万斉を演じることは先の発表で判明したが、残り3人はどのキャラクターが参戦するのか、ゴリラのいう通り続編は爆死してしまうのだろうか…。この夏も、良くも悪くも『銀魂』から目が離せなくなりそうだ。

関連映画

関連映画ニュース