• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 志尊淳らイケメン4人が『劇場版 ドルメンX』を語る!あのメンバーは○○を愛しちゃうタイプ?
  • INTERVIEW

志尊淳らイケメン4人が『劇場版 ドルメンX』を語る!あのメンバーは○○を愛しちゃうタイプ?

2018年6月21日 20:00

本作で熱血宇宙人の隊長(志尊淳)、オシャレ宇宙人のイチイ(浅香航大)、フェミニン宇宙人のニイ(小越勇輝)、インテリ宇宙人のサイ(堀井新太)を演じたアイドルグループ“ドルメンX”の面々にインタビュー。地球人と接しているうちに“くやしさ”や“嫉妬”をはじめとする人間らしい心を知り、本物のアイドルになろうと奮闘していく宇宙人たちを演じた感想を聞いた。

――今回演じたドルメンXのメンバーとご自身との共通点はありましたか?

志尊「ドルメンXのメンバーは、みんな等身大の存在なので、“宇宙人だからこうあるべき”というものはないと思っています。僕も隊長と同じで不器用なほうだと思いますが、隊長のように不器用でダサい部分もさらけ出してがむしゃらに頑張るということを、撮影当時は恥ずかしいと思っていて。それをあまり周りには見せたくないと思っていました。そういう部分は、あんまり隊長と似てなかったですね」。

堀井「アイドルになって地球侵略を成し遂げようとする“熱さ”みたいな部分ですかね。僕はいま、役者として頑張っている最中なんですが、絶対にあきらめないという熱い気持ちは似ているのかなと。でも、基本的に僕自身は演じさせていただいたサイとは真逆な性格だと思います。サイはみんながワイワイやっている様子を一歩引いてみているキャラだけど、僕はどちらかというと率先してワイワイしたい人なので」。

浅香「僕は、根の部分は結構イチイと似ているところが多いと思います。イチイという役を人間味があるように演じようと思っていたこともあり、近づけられるところは近づけようとしました。けれど、僕は普段、明るくはっちゃけることがないので、そういう部分は違うなと思いました。イチイはわりと自分に素直なんです。そこは似ています」。

小越「僕の演じたニイは、なんでも器用にこなしちゃう子なんですけど、僕自身は器用じゃなくて…。演技もダンスも、練習して自分が納得していないとできないんです。そういうところは逆だなと思いました。でも、この役をやることで“キャラに寄った”と思います。ニイはみんなが『可愛い、可愛い』と言って近寄ってきてくれるキャラだったので、僕自身も撮影が進むにつれて、そういう立ち位置になっていったように思います」。

力を合わせて地球侵略を目指す | [c]高木ユーナ/小学館 [c]2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会

――本作ではアドリブのシーンが多かったと伺いました。皆さんのお気に入りのシーンは?

志尊「印象に残っているのは、隊長とイチイがテレビドラマ「半沢直樹」のモノマネをするシーンです。『モノマネをして』という指示はそのシーンの台本にはなかったのですが、前室で『このシーン、モノマネ風にやってみようか』と言ったら、浅香さんが『いいじゃん!じゃあ俺も香川(照之)さんのところやるわ』と反応してくれました。あのシーンでのイチイの台詞は、「半沢直樹」での香川さんを意識した台詞ではないんです。でも、やってみたらみんな爆笑してくれました。その様子をみたあらちゃん(堀井)が『俺もなんかやりたい』って言ったんですが、小室直子監督に『やめてー』と止められていました」。

堀井「僕も何度かおもしろいアドリブに挑戦したんですけど、すぐ小室監督に『うーん、サイはそういうことやらないかな』と言って止められました(笑)」。

小越「結構、アドリブが現場での楽しみのひとつになっていたよね」。

志尊「毎回、全員が『なにかやってやろう』という雰囲気を出していたよね。なんだかライブみたいな感じで、本番で急にアドリブを入れても、受け入れてもらえる温かい現場でした」。

【写真を見る】みんな揃ってドルメンX!メンバーの意外な一面が飛びだすインタビューをチェック

『劇場版 ドルメンX』予告編

関連映画

関連映画ニュース

[c]高木ユーナ/小学館 [c]2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会| [c]高木ユーナ/小学館 [c]2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会| [c]朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT| [c]2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会| [c]2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会 | [c]2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会| 高木ユーナ/小学館 [c]2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会 | [c]2017フジテレビジョン 集英社 東宝 [c]古屋兎丸/集英社