• NEWS

多部未華子と三浦春馬がサプライズ演出に感激!『君に届け』映画撮影終業式

2010年6月08日 16:25

「撮影卒業証書」を授与された多部未華子と三浦春馬

累計1000万部を突破した椎名軽穂の人気コミックの実写版映画化作品『君に届け』(9月25日公開)の映画撮影終業式が6月8日に旧道灌山中学校で開催。多部未華子、三浦春馬、蓮佛美沙子、桐谷美玲、夏菜、青山ハルが劇中衣装の制服で登場し、熊澤尚人監督と共に本作のクランクアップを報告した。

原作は、若い世代から熱烈な支持を受けるさわやかな青春コミックだ。主人公・黒沼爽子役を演じた多部未華子は、役柄についてこう語った。「初めはみんなに勘違いされ怖がられていたけど、だんだん友達と交流をもっていくという流れだったので、そういう心情をつかむのが難しかったです。でも、周りの方々のおかげでいつもちゃんと取り組むことができて、撮影は楽しかったです」。

爽子とお互いを思いやる好青年・風早翔太役の三浦春馬は、「こんなにさわやかで真っ直ぐないい奴って演じたことがなかったのですが、一生懸命やらせてもらいました」と笑顔で語った。また、20歳になり、初めて監督とお酒を飲めたことに感激したとか。「今回、初めてそういう機会を設けてもらって、すごく貴重な撮影期間でした」。

撮影は無事終了したということで、映画に合わせて「今、届けたい思い」についての質問が。三浦は「ファンの人たちや、すごく楽しみにしてくれてる人たちの思いに応えたいなと。静かに自分のなかで戦ったつもりだし、監督の大きな力を借りて、すごくいいものになったと思います」と、手応えを感じている様子。また、多部は「もうすぐ父の日で、『ありがとう』と本人には言わないのでこの場を借りて。父は陰ながらいつも思ってくれてるので」と、父親への思いを語った。

映画を卒業したということで、多部と三浦は代表して熊澤監督から「撮影卒業証書」を授与された。熊澤監督も「観ていただくとすごく幸せな気持ちになれる映画。早くみなさんに届けたいです」と本作をアピールした。

その後、サプライズで原作者の漫画家・椎名軽穂からのメッセージが届けられ、さらに椎名が手がけた黒沼爽子、風早翔太のイラストが、演じた多部と三浦のふたりに贈られ、満面の笑みで大感激! 椎名もふたりのキャスティングにはご満悦のようだった。

圧倒的な人気を誇る人気コミックの映画化作品で、フレッシュなキャスト陣がどんなふうに原作の世界観を体現しているのか? 公開は9月25日(土)なので今から首を長くして待ちたい。【Movie Walker/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2010映画「君に届け」製作委員会 [c]椎名軽穂/集英社