• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 5つのエリアで『時かけ』から最新作まで細田ワールドにタイムリープ!“未来のミライ展”の全貌が判明
  • NEWS

5つのエリアで『時かけ』から最新作まで細田ワールドにタイムリープ!“未来のミライ展”の全貌が判明

2018年6月15日 16:00

細田守ワールドの魅力を内包した展示会が開催! | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

7月20日(金)より公開される細田守監督の最新作『未来のミライ』に合わせ、7月25日(水)より“未来のミライ展~時を越える細田守の世界『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』”が、東京ドームシティGallery AaMoにて開催される。このたび、5つのエリア(A~E PART)で構成された展示内容の詳細が明らかになった。

本展示会では、細田守が描く『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景美術などを通じて立体的なイベントとして再現。また、過去作の展示も豊富に揃えた大規模な展覧会となる。以下、5つのエリアの見どころを順に辿っていく。

【写真を見る】細田守ワールドを完全再現!5つのエリアの見どころを写真でチェック | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

≪A PART:ミライちゃんとの出会い≫

主人公のくんちゃんと、生まれたばかりの妹・ミライちゃんとの出会いを表現したエリア。『未来のミライ』にプロダクションデザインとして参加し「しろくまのパンツ」「パンダ銭湯」などで著名なtupera tuperaが描き下ろした劇中絵本「オニババ対ヒゲ」が巨大な絵本になって登場。まるで絵本に入り込んだかのような写真撮影も可能となっている。

ミライちゃんの等身大フィギュア | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

≪B PART:未来のミライちゃんとの出会い≫

“未来からやってきたミライちゃん”との出会いを表現したエリア。ミライちゃんの等身大フィギュアが設置されるなど、くんちゃんになった気分でミライちゃんとの出会いを体感できるエリアとなっている。また、ミライちゃん同様、細田の過去作に登場する真琴(『時をかける少女』)や、楓(『バケモノの子』)などの魅力的なヒロインもフィーチャーする。

≪C PART:幼き母との出会い ~ D PART:青年との出会い≫

少女時代の母との出会いを表現したエリアから、“父の面影を宿した青年”との出会いを表現したエリアまでが、ひと続きになっている。過去作を含め、映画製作時に描かれた数百点に及ぶ絵コンテや原画などを一挙展示し、“初出し”となる手描きのオリジナル原画や背景美術を堪能できるエリアとなった。

遺失物係と駅長 | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

≪E PART:未来の東京駅と“黒い新幹線”≫

映画の中で大きなインパクトを放つ未来の東京駅と、本編で重要な役割を果たす架空の新幹線を表現したエリア。未来の東京駅の空間を立体的に表現し、“駅長”を最新の3Dホログラムで再現。さらに、川崎重工業車両カンパニーで実際の新幹線デザインを数多く手がけ、『未来のミライ』では“黒い新幹線”のデザインを手掛けた亀田芳高の協力のもと、細田が展示を熱望した、実際に座れる“黒い新幹線”の座席も登場する。

未来の東京駅と“黒い新幹線” | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

そのほかのゾーンでは『サマーウォーズ』でのOZや、『バケモノの子』での渋天街など、細田作品の「もうひとつの世界」をフィーチャーしたコーナーを設置。ここでは『サマーウォーズ』で高い人気を誇るキャラクター“ラブマシーン”の巨大フィギュアが初登場し、スマートフォンを使って楽しめる仕掛けも用意されているとか。また、面白法人カヤックが手がけるポストショー“細田作品インデックス”では、細田の過去作の名場面をインタラクティブに体験できる最新のデジタル空間も展開される。

『サマーウォーズ』で高い人気を誇るキャラクター“ラブマシーン” | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

ほかにも、プロジェクションマッピングで表現する“不思議な庭”や、ミライちゃんとくんちゃんの家の一部を再現したエリアなど、映画のストーリーを軸に、過去作の魅力にも出会える展覧会となった。

この夏は、映画館で『未来のミライ』を、東京ドームシティ Gallery AaMoで本展示会を楽しめるほか、過去作のテレビ放送、細田書き下ろしの原作小説出版などが次々決定し、まさに“細田守イヤー”が盛り上がっている。『時かけ』から12年の集大成といえる本展示会で、細田ワールドの魅力に“タイムリープ”してほしい。

“未来のミライ展”は、7月25日(水)より開催される | [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU

文/編集部

【開催概要】
会 期 : 2018年7月25日(水)~9月17日(月・祝)
会 場 : 東京ドームシティ Gallery AaMo(文京区後楽 1-3-61)
時 間 : 10:00~18:00(17:30最終入場)※予定
公式ホームページ:http://mirai-ten.jp



【前売券発売中!】
『未来のミライ』公開記念“時をこえる”細田守監督作品ポスター復刻版ポストカード付き前売券が発売中。劇場にて前売券を購入した全国合計5万名様に、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の5作品のポスタービジュアルを使用したポストカードセットをプレゼント!
※詳細は『未来のミライ』公式サイトをご確認ください。 http://mirai-no-mirai.jp

関連映画

関連映画ニュース

[c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU| [c]2018 スタジオ地図| [c]2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS| [c]2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会| [c]2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS| [c]「時をかける少女」製作委員会2006| 撮影=菊池修| [c]2018スタジオ地図| [c]「SHIROBAKO」制作委員会| [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P [c]2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU