• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『ハン・ソロ』ジャパンプレミアで“若きハン・ソロ”のお気に入りキャラが明らかに!?
  • EVENT

『ハン・ソロ』ジャパンプレミアで“若きハン・ソロ”のお気に入りキャラが明らかに!?

2018年6月12日 20:15

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のジャパンプレミアに来日ゲストが集結!

全米興行収入ランキングで2週連続No. 1を獲得し、全世界興収はすでに3億ドルを突破した「スター・ウォーズ」シリーズの最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)のジャパンプレミアイベントが12日、六本木ヒルズアリーナで開催。来日中のオールデン・エアエンライクとロン・ハワード監督、そして日本語吹替版でカメオ声優を務めた及川光博、お笑いコンビ・ミキの昴生と亜生、そして宇宙飛行士の野口聡一が登壇した。

「スター・ウォーズ」シリーズが誇る人気キャラクター、ハン・ソロの知られざる若き日の冒険を描きだした本作。その注目度の高さを表すかのように、荒天にもかかわらず多くの「スター・ウォーズ」ファンが詰めかけた会場に、まず姿を現したのはハン・ソロの“生涯の相棒”チューバッカ。彼は日本人ゲストを熱烈なハグとセルフィーで出迎え、会場を大きく沸かせた。

そして満を持して来日ゲストの2人が登場すると会場のボルテージは最高潮に達する。ハン・ソロを演じたオールデンとチューバッカのコンビを目の前で目撃したファンからは黄色い歓声が上がり、ハワード監督には熱烈な拍手が贈られた。30分以上にわたり丁寧にファンサービスを行いながらレッドカーペットを練り歩いた2人は、その後ステージに登壇。

ハワード監督は「日本は『スター・ウォーズ』に最も熱いファンがいる国。ずっと日本のファンのみなさまと分かち合うことを楽しみにしていた」と述べ、初来日を果たしたオールデンも「日本に来ることができてとても嬉しい」と2人揃って満面の笑みを浮かべる。さらにチューバッカの喜びの声をオールデンが通訳し、会場の笑いを誘った。

そんな中、日本人ゲストはそれぞれの個性を発揮して2人を歓迎。弟・亜生が吹替えキャストとして参加しながらも、自身は参加が叶わなかったミキの兄・昴生は、新婚の奥さんと前日に『ファントム・メナス』を観たことを明かし「スター・ウォーズ」ファンぶりをアピール。しかし亜生から「お兄ちゃんと出たいと言ったんですけど、彼の声は作品の世界を崩すと言われました」と衝撃の事実が告げられ会場は大爆笑。

さらに40年以上のファン歴を誇る野口は「『スター・ウォーズ』に憧れてこの世界に入りました」と明かし「来年また宇宙に行きますが、宇宙で大事なことは“信頼できるバディを作ること”今回の映画の中でのハン・ソロとチューバッカを見て、来年の私のミッションの参考にしたいと思います」とコメント。

そして日本人ゲストを代表して、及川がオールデンとハワード監督の2人に「全シリーズの中で、ハン・ソロを除いて一番好きなキャラクターは?」と質問すると、2人は声を揃えて「ヨーダ!」と即答。昨年末にメガヒットを記録した『最後のジェダイ』にサプライズ出演を果たした往年の名キャラクターの人気の高さを改めて感じさせた。

取材・文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.| [c]2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.| 写真:SPLASH/アフロ