• NEWS

サラ・ジェシカ・パーカーらSATCの4人がレッドカーペットでファンに大サービス!

2010年6月1日 22:02

熱狂的なファンに大サービスで応えた4人。左よりキム・キャトラル、クリティン・デイビス、サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン
熱狂的なファンに大サービスで応えた4人。左よりキム・キャトラル、クリティン・デイビス、サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン

人気海外ドラマの映画化第2弾『セックス・アンド・ザ・シティ2』(6月4日公開)のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが6月1日、東京・六本木ヒルズ・アリーナ広場にて開催された。主人公キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーをはじめ、キム・キャトラル、クリティン・デイビス、シンシア・ニクソンのメインキャストとマイケル・パトリック・キング監督のほか、マリエや道端アンジェリカ、ジェシカ、カレン三姉妹、クリスタル・ケイら豪華ゲストが出席した。

メインキャスト4人がそろって日本でのイベントに出席するのは今回が初ということもあり、イベント広場には招待された1000人の一般観覧者だけでなく、彼女たちを一目でも見ようと客席エリア以外にも2000人近い熱心な女性ファンが集結。劇中にも登場するメルセデス・ベンツにそれぞれ乗車して、まず最初にミランダ役のシンシア・ニクソンが登場すると、六本木ヒルズは悲鳴のような歓声に包まれた。

それぞれ個性的で華やかなドレスをまとった4人と監督は、約100メートルのレッドカーペットをゆっくりと歩き、日本やアジアのテレビのインタビューを受けたり、集まったファンに握手やサインをしたりと、終始笑顔で大サービス! そのファンサービスは約40分も続き、夢のようなひとときを過ごした。

その後、ステージに上がり、サラの「カンパイ!」の合図でいっせいにシャンパンでお祝い。マイケル監督は大歓声に「コンニチワ! ここが本当の“SEX AND THE CITY”です」と応えると、シンシアは「アリガトウ! 本当に皆さんに愛されているなと感じます」とコメント。シャーロット役のクリスティン・デイビスも「東京大好き、日本大好きです! どうもありがとうございます!」と返せば、サマンサ役のキム・キャトラルは両手を大きく広げて、歓声のシャワーを浴びながら「ニューヨーク、ロンドン、日本を回って、本当にいいツアーでした。I LOVE JAPAN!」と満面に笑みで答える。サラは「コンニチワTOKIO! 皆さん大好きです。アリガトウ! アリガトウ! アリガトウ!」と、全員が日本語を交えながら、日本のファンへ愛情たっぷりのメッセージを送った。【MovieWalker】

関連映画

関連映画ニュース