舘ひろしと黒木瞳が『終わった人』で考えた“定年”という概念 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2018/6/6 17:30

舘ひろしと黒木瞳が『終わった人』で考えた“定年”という概念

『終わった人』で夫婦役を演じた舘ひろしと黒木瞳
『終わった人』で夫婦役を演じた舘ひろしと黒木瞳[c]2018「終わった人」製作委員会

こんな舘ひろしは見たことがない。「リング」シリーズの中田秀夫監督によるホームコメディ『終わった人』(6月9日公開)で、舘はクールなパブリックイメージを完全に封印し、定年を迎えた冴えないおじさんになりきった。これには、4度目の共演を果たした黒木瞳もびっくり。本作で夫婦役を演じた舘と黒木にインタビューし、撮影秘話を伺った。

定年を迎えたあと、なにもすることがなく、周りの人から“終わった人”というレッテルを貼られてしまった田代壮介(舘ひろし)。美容師として働く妻・千草(黒木瞳)にグチばかりこぼす毎日だ。「このままではマズイ」と危機感を覚えた壮介は、職探しやジム通いを始めるが、ある日、人生の転機が訪れる。

定年を迎えた田代壮介役の舘ひろし
定年を迎えた田代壮介役の舘ひろし[c]2018「終わった人」製作委員会

中田監督が「本当に撮りたかった映画」として気合十分に放った本作。舘は中田監督から「とにかくだらしない、カッコ悪いサラリーマンを演じてくれ」というリクエストを受けた。

「衣装合わせでも、すごく冴えない衣装をいろいろ提示されましたが、いざ着てみるとそこそこ似合っちゃうので大変でした(笑)。中田監督に言われ、お腹に初めてあんこ(詰め物)も入れました」と舘はなんとも楽しそうに言う。

『仄暗い(ほのぐら)水の底から』(01)、『怪談』(07)に続き、中田組に参加するのは3度目となった黒木。オファーされたのは、黒木が監督したショートフィルム『わかれうた』(17)に携わっている時だった。「中田監督とは同世代なので昔から親近感がありました。ちょうど本作の衣装合わせでお目にかかったので、『わかれうた』の編集について監督にご指示を仰ぎました」。

妻・千草役の黒木瞳
妻・千草役の黒木瞳[c]2018「終わった人」製作委員会

舘と黒木は、ドラマ「刑事貴族」 や「新宿鮫 屍蘭」 、「無影燈」に出演し、本作で22年ぶりの共演となった。お互いに気心が知れている仲だという舘が「仲いいでしょ。もう限りなく夫婦に近いんです」とお茶目に言うと、黒木も「もう夫婦です」と笑顔で顔を見合わせた。

定年後、暇を持て余す壮介を哀愁たっぷりに演じた舘。改めて“終わった人”という定義を、2人はどう捉えたのか?

舘は、壮介について「東大を卒業して銀行のエリート社員になったけど左遷される。壮介は、あの時一旦“終わった人”になったんだと思う。そのまま定年になり、そこから“終わった人”が終わったのではないかな」と考えたそう。

「『終わった人』というタイトルだけど、実は人生は終わらないということなんじゃないかな。もちろん人生において失敗もするけど、失敗は終わりではないし、終わったことにはならない。僕は、終わってからもがくことはいいことだと思う」。

黒木は、壮介が定年の日に「生前葬だ」とつぶやくシーンについて「男性ならでは」と感じたそうだ。「壮介が『終わった』と言うけれど、なぜ男の人は白黒決めたがるのだろう?と思ってしまうわけです。自営業や俳優業にも定年はないわけですし、なにをもって“終わった人”だと自分が決めつけるのでしょう?人生が上手くいかなかった時に、終わったと思うのでしょうか」。

美容師として忙しく働く妻・千草(黒木瞳)につい愚痴をこぼしてしまう
美容師として忙しく働く妻・千草(黒木瞳)につい愚痴をこぼしてしまう[c]2018「終わった人」製作委員会

その問いに舘は「壮介によると、自分の夢が叶わなかった時が終わった時なのかなと。でも、この映画はそうじゃないと言っています。黒木さんがおっしゃったように、壮介は定年でそう思ったけど、実際はそうじゃないし、人生には浮き沈みがあるんです」と穏やかな笑みを浮かべる。

黒木が「自分で決めちゃいけないってことですね」としみじみ言うと、舘は「そうそう。自分で終わったと決めた時が、本当に終わった時なんです」と懐の深い表情で締めくくった。

取材・文/山崎 伸子

関連作品

  • 終わった人

    3.3
    10
    舘ひろし、黒木瞳主演で定年を迎えた中年男の奮闘劇を悲喜こもごもに描く人間ドラマ