• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 沢尻エリカが『猫は抱くもの』で歌って踊る元アイドル役「新鮮でおもしろかった」
  • EVENT

沢尻エリカが『猫は抱くもの』で歌って踊る元アイドル役「新鮮でおもしろかった」

2018年6月05日 19:45

沢尻エリカが『猫は抱くもの』で元アイドル役を好演

『ヘルタースケルター』(12)以来、6年ぶりとなる沢尻エリカの主演映画『猫は抱くもの』(6月23日公開)の完成披露試写会が、6月5日に丸の内ピカデリー2で開催。沢尻エリカ、吉沢亮、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、犬童一心監督が舞台挨拶に登壇した。劇中でアイドルとして歌って踊るシーンがあった沢尻は「頑張りました」と笑顔を見せた。

沢尻は同シーンについて「すごく練習をしました。なかなか大変だったんですが、自分のなかでは新鮮でおもしろかったです」とアイドルのパフォーマンスシーンを楽しんだ様子。

同シーンについて犬童監督は「言葉も形も沢尻さんが作っていて。あまりにも完成度が高かったから使っています」と言うと、沢尻は「たまたまみんなで楽屋で待っている時、おもしろがってやっていたら、それがそのまま採用されてしまいました」と照れながら語った。

また、猫になったらなにをしてみたいか?という質問に対して吉沢が「猫だから許されること。女性に密着することとか。誰とそうなってもOKなわけですから」とイタズラっぽい笑顔を見せ「あとは、いろいろ壊したいですね」と言うと、犬童監督は「それは猫でも許されないよ」とツッコむ。

沢尻は「ロシアンブルーになって、大自然の中を駆け回ってみたいです」と答えた。

最後に、劇中で猫の良男として登場し、いまは沢尻の飼い猫となったロシアンブルーが登場し、「かわいい」と黄色い歓声を浴びた。

『猫は抱くもの』は、『ジョゼと虎と魚たち』(03)の犬童一心監督がメガホンをとった“猫映画”。思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった元アイドル・大石沙織を沢尻エリカが、“自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫”を吉沢亮が演じた。第21回上海国際映画祭では、日本映画で唯一のコンペティション部門出品作となった。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「猫は抱くもの」製作委員会| [c]2018「ねことじいちゃん」製作委員会| [c]2018「食べる女」倶楽部| 撮影/黒羽政士| [c]2018『猫は抱くもの』製作委員会| [c]2018「猫は抱くもの」製作委員会 | [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会| [c]映画「億男」製作委員会| (C)2018「猫は抱くもの」製作委員会| [c]2018 『猫は抱くもの』製作委員会