• NEWS

東出昌大&新田真剣佑が熱い抱擁!早くも『OVER DRIVE』続編に意欲

2018年6月01日 21:53

映画『OVER DRIVE』が初日を迎えた

自動車競技・ラリーを題材に若者たちの熱い絆と愛を描いた映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)の初日舞台挨拶が6月1日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、東出昌大、新田真剣佑、森川葵、北村匠海、町田啓太、羽住英一郎監督が登壇。兄弟役を演じた東出と新田が熱い抱擁を交わし、続編にも意欲を見せた。

真面目で確かな腕を持つメカニックの兄・檜山篤洋(東出)と、天才ドライバーの弟・檜山直純(新田)の奮闘を描く本作。登壇の際には、新田が森川の手を取りしっかりとエスコート。新田は北村もエスコートし、新田と北村が仲良く手をつないで入場する姿に黄色い歓声が上がった。

羽住監督は「アトラクションのように2回、3回と観てもらっても楽しめると思う」と完成作に胸を張り、「熱い映画ができた。できればこの先も見てみたい」と続編への意欲を告白。新田は「ついていきます!」と声を上げ、全員が「やりたい」と高く手を挙げると、会場は大きな拍手に包まれた。

東出と新田が兄弟役を演じたが、新田は「兄貴はメカニックをかっこよくしてくれた。すごくかっこよかった」と東出を絶賛。東出は「後でいくらかあげないとな」と照れ臭そうな笑顔を浮かべつつ、「真剣は本当に直純のよう。真剣が来るとエキストラさんから歓声が上がる。太陽のようなオーラをまとった直純だった」とこちらも“弟”の存在感に惚れ惚れとしていた。

現場では顔を合わせるたびにグータッチをして親交を深めていたそうで、東出は「寝る前もやったもんね」とニッコリ。新田も「やってたやってた!」と笑顔を弾けさせ、「おやすみって言ってグータッチして寝ていた」と続けると、会場に駆けつけたファンのためにステージ上でグータッチを生披露することに。久々のグータッチとあって、クールに決めるはずが一度目は失敗。二度目は見事に成功して東出と新田がうれしそうに抱き合った。

最後の挨拶でも、新田は「初日に会った時から、兄貴が檜山篤洋という役そのものだった。だからこそ、僕も直純として弟でいられた。兄貴が座長としてこの映画の魅力を伝えている姿もかっこよかった。尊敬しています」と東出への尊敬の念を吐露。東出は感激の面持ちで新田を抱き寄せ、固くハグ。絆の伝わる2人の姿に惜しみない拍手が贈られていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「OVER DRIVE」製作委員会| [c]2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS| [c] 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation| 撮影/岡本英理| [c]映画「OVER DRIVE」製作委員会