• NEWS

どうして?ハワイ映画の公開が6月に集中する謎

2018年5月31日 13:07

放送中のドラマ「コンフィデンスマンJP」が好評の長澤まさみが、“1日前の記憶が、翌日には消えてしまう”記憶障害を負ったヒロインを好演した『50回目のファーストキス』(6月1日公開)。オール・ハワイロケで撮られた本作は、観ていて「(日本はこれから梅雨でジメジメだけど)空も海もきれいで陽気なハワイっていいなぁ~」という気分に浸れるはず。でも“そんな気分”に、映画ファンはふとデジャヴを覚えることはないだろうか?

“自分探し”にはハワイが持ってこい?

美しい青の衣装が、海のハワイブルーに映える | [c]2018『50回目のファーストキス』製作委員会

実は洋邦を問わず、ハワイ関連の映画が6月に集中して公開される傾向があることをご存知だろうか?そしておもしろいのは、本作のように、ほぼ全編ハワイが舞台の日本映画が結構あったこと。さかのぼること15年前、川原亜矢子、西島秀俊出演の『マナに抱かれて』(03)が6月に公開されている。仕事にも恋にも挫折したアラサー独身OLが、ハワイで自分自身を見つめ直す、ゆっくりした時間の流れに癒される物語だ。

また、文字通りなタイトルの『わたしのハワイの歩きかた』は14年6月に公開。日常にくたびれた女性編集者(榮倉奈々)がハワイに飛び、ハイテンションなパーティでの出会いを通して恋と自分探しに興じるストーリーだった。同作におけるハワイは主人公たちの重要なターニングポイントに。悩み疲れた女性の背中をそっと押してくれるのも、大自然のなせる力なのだろう。

最近では、Amazonプライム・ビデオ配信ドラマだが川口春奈主演の「しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~」もほぼハワイロケの自分探しの物語だったりする。こちらは6月に限定した作品ではないものの、傾向として近いものがあり興味深い。

海外作品のハワイ映画も、日本では6月ねらい?

ちなみに『50回目のファーストキス』は、長澤と山田孝之共演で、自分探し…よりもラブストーリーの側面が強い。というのも本作は、ハリウッド映画『50回目のファースト・キス』(05年6月日本公開)が元ネタとなっている。アダム・サンドラーとドリュー・バリモアというコメディセンス抜群な2人を主役に、笑いあり、涙ありの温かな感動作で、凝ったデート演出をするアダムがウクレレを弾き即興で歌うなど、ハワイらしいシーンが満載。ハワイの美しい海を前にさわやかな気持ちに浸れるのは2作とも共通。にしても公開時期まで共通していたのは偶然か、それとも狙ってのこと?

スマッシュヒットとなったハリウッド版『50回目のファースト・キス』

洋画では他にも、スポコン系女子サーフィン映画が2作。『ブルークラッシュ』(03年6月日本公開)は、ケイト・ボスワース演じるサーファーが、事故や恋を経験しながら仲間たちと大会に挑む青春映画。『ソウル・サーファー』(12年6月日本公開)は、サメに襲われて片腕を失いながらも前向きに進む天才サーファーの実話を描いた感動作。どちらも、ハワイの青い空、海、波による映像美、女の子のビキニ姿がまぶしい作品だ。

サーファー・ガールたちの熱い青春を描く『ブルークラッシュ』 | [c]2002 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

■『50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション』
DVD 発売中
価格:1,410円+税
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

■『ブルークラッシュ』
Blu-ray 発売中
価格:1,886円+税
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
[c]2002 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018『50回目のファーストキス』製作委員会| [c]2002 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.| [c]2014「わたしのハワイの歩きかた」製作委員会| [c]2011 Enticing Entertainment LLC. All Rights Reserved.| [c]2003「マナに抱かれて」製作委員会| [c]2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会| [c]空知英秋/集英社 [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会|  [c]2018 映画「銀魂2」製作委員会| [c] 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation| 撮影/黒羽政士| [c]2018 『50回目のファーストキス』製作委員会| [c]JOKER FILMS INC.   | 写真:SPLASH/アフロ