30年前にバンドブームを巻き起こした「イカ天」のバンドマンはいまどうしてる? |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/5/30 22:10

30年前にバンドブームを巻き起こした「イカ天」のバンドマンはいまどうしてる?

1989年2月から1990年12月までの約2年、土曜深夜に放送された伝説的テレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国」。“イカ天”の呼び名で親しまれ、バンドブームを巻き起こした。それから約30年、あの元バンドマンたちは、いまどうしているのだろうか?そんな、当時のバンドマンが出演するノスタルジーたっぷりのホロ苦な人間ドラマが『馬の骨』(6月2日公開)だ。

映画の中で桐生のバンド、馬の骨が復活!
映画の中で桐生のバンド、馬の骨が復活![c]2018オフィス桐生

主人公は「イカ天」に出演するなど、かつてバンドマンとして脚光を浴びながらも、工事作業員として働いていた熊田。仕事を失った彼は格安のシェアハウスに転がり込み、そこに住むシンガーソングライター志望のアイドル・ユカに触発され、かつての夢にケリをつけようと奮闘する。

【写真を見る】こちらは「イカ天」出演当時の馬の骨
【写真を見る】こちらは「イカ天」出演当時の馬の骨[c]2018オフィス桐生

本作は主人公・熊田を演じ、監督も務める桐生コウジの自伝的ストーリーだ。『アウトレイジ 最終章』(17)などの北野作品に出演するほか、バイプレイヤーとして活躍する桐生は、映画のタイトルにもなっている“馬の骨”という名のバンドでかつてカルト的人気を博したが、バンドの解散により俳優に転身したという経歴を持つ人物。

「イカ天」を知る人には懐かしき2ショット
「イカ天」を知る人には懐かしき2ショット[c]2018オフィス桐生

劇中では彼が30年前と同じようにコスプレをし、馬の骨として演奏するシーンもある。BEGINやSHERBETSの浅井健一(当時はBLANKEY JET CITY)、人間椅子など、「イカ天」で注目を浴び、現在も第一線で活躍するバンドがいる一方、彼のように音楽から足を洗ってしまった人も少なくない。そんな背景を知ると、当時を知らない世代でも、思わずホロリとさせられるだろう。

文/トライワークス

関連作品

  • 馬の骨

    4.0
    0
    テレビ番組“イカ天”を題材に中年男性と平成生まれのアイドル歌手の奇妙な交流を描く
  • アウトレイジ 最終章

    3.4
    33
    裏社会の男たちの抗争を描く北野武監督によるバイオレンスドラマのシリーズ第3作
  • ディアーディアー

    4.2
    0
    幻のシカを発見した事で激動の人生を送る三兄妹の軌跡を描くヒューマンコメディ