• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 写真家・岩合光昭の初監督作『ねことじいちゃん』ヒロインは猫大好き柴咲コウ!
  • NEWS

写真家・岩合光昭の初監督作『ねことじいちゃん』ヒロインは猫大好き柴咲コウ!

2018年5月28日 5:00

猫と戯れる柴咲コウがキュート | [c]2018「ねことじいちゃん」製作委員会 撮影:Machi Iwago

日本人の作品として、初めてナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾り、昨年は猫と同じ目線から世界各地の猫を撮影した人気テレビ番組の映画化『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』(17)が公開された動物写真家・岩合光昭。そして来年早春、彼が初監督を務める映画『ねことじいちゃん』が公開となる。主演を務めるのは、映画初主演となる落語家の立川志の輔だ。

本作は、とある小さな島で暮らす70歳のじいちゃん・大吉と飼い猫のタマの、つつましくも豊かな時間が流れる暮らしを描いた、ねこまきの人気コミック「ねことじいちゃん」を原作に、岩合が写真家ならではの感性で“1人と1匹”の生活を温かく描く。

この度、本作のヒロインを女優の柴咲コウが務めることがわかった。柴咲が演じるのは、都会から島へ移住しカフェを開く謎めいた女性、美智子。よそからきた若者に島のお年寄りたちは戸惑い、最初は少々警戒するが、美智子の美しい笑顔と優しい人柄に惹かれ、次第にカフェは皆のたまり場となっていく。

人間も猫も皆が夢中になる美智子役は、柴咲コウしか考えられなかったと岩合監督は語る。「初監督の私を、素晴らしい演技力で助けてくれましたし、本当に心から猫を愛している方なので、猫との撮影でも助けられました。タマはもちろん他の猫たちも、本番でちゃんと柴咲さんの方へ近寄っていくんですから。猫にも柴咲さんの気持ちが伝わっている。まさにこの映画の光となってくれている存在でした。」

『ねことじいちゃん』は愛知県知多半島に浮かぶ佐久島を中心に撮影が行われ、4月10日にクランクアップ。ひとりと一匹が繰り広げる、毎日がいとおしくなるような物語を、岩合がどのように描き、切り取っていくのか。写真家ならではアプローチに期待したい。

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「ねことじいちゃん」製作委員会 撮影:Machi Iwago| [c]2018「ねことじいちゃん」製作委員会| [c]Mitsuaki Iwago|  撮影/黒羽政士| 撮影/黒羽政士| [c]2020「燃えよ剣」製作委員会| [C]2018「ねことじいちゃん」製作委員会| [c]2018『猫は抱くもの』製作委員会| [c]2018「猫は抱くもの」製作委員会 | [c]2018「旅猫リポート」製作委員会 [c]有川浩/講談社