• GOSSIP

シャイアとキャリーの愛のキューピットは、アノ名監督!

2010年5月18日 10:22

すべて僕のおかげ
すべて僕のおかげ[c]GLOBE PHOTOS/AFLO

『ウォール街2』のオリバー・ストーン監督は、自分が、同作の共演がきっかけで交際を始めたシャイア・ラブーフとキャリー・マリガンの愛のキューピットだと思っているらしい。

オリバー監督は米テレビ番組エクストラに対し、「彼らがカップルになったのは、すべて僕のおかげなんだよ。交際がわかったときは、すごくワクワクしたよ。特にラブシーンは、何の苦労もなく自然にやっていたし、ふたりの抜群の相性が作品からもにじみ出ていると思う」と得意げに語っており、作品の出来栄えにも自信満々のよう。

ふたりの交際のおかげで同作へのメディアの感心も高まっており、既に続編話ももちあがっているほど。オリバー監督にとっても、シャイアとキャリーにとっても思い出深い作品になることは間違いないのだが、あとはヒットを祈願するのみだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース