• GOSSIP

エリザベス・オルセン、胸元全開の超ミニワンピで美脚を披露!

2018年5月05日 14:45

「アベンジャーズ」で大活躍!エリザベス・オルセン | 写真:SPLASH/アフロ

現在公開中の新作映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)でスカーレット・ウィッチ役を演じているエリザベス・オルセンが、ハリウッドのABCスタジオを訪れたところをキャッチされた。エリザベスはABCテレビの人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演し、新作映画のプロモーションを行った。

ハリウッドの大通りに登場したエリザベスは、黒の超ミニワンピースに黒のハイヒールを合わせ、すらりとした素脚を披露して集まった観衆を魅了。半袖のミニドレスの襟ぐりは大きなⅤ字カットで、ウエスト近くまで胸元が開いている大胆デザインだ。ヌードカラーのリップとラフに後ろにまとめた髪の毛が、キメすぎずナチュラルな印象を添えている。

トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演したのはエリザベスだけでなく、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチ、ウォーマシン役のドン・チードル、そして本作からエムバク役を演じるトバゴ島出身の注目の新星、ウィンストン・デュークも駆け付けて、豪華な顔ぶれでのプロモーションとなった。

先週全世界同時公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、公開直前に出演者のほとんどが宣伝活動に奔走して、大掛かりなプロモーションを行ってきた。その甲斐あってか、全世界公開(中国を除く)直後の週末興行成績は6億3000万ドル(約687億円)と、昨年大ヒットした『ワイルド・スピード ICE BREAK』の5億4200万ドル(約591億円)を大きく上回り、歴代最高記録を塗り替えた。著名批評サイト“Rotten Tomatoes”調査による観客の満足度は93パーセント(4月29日時点)と大変高く、今後どこまで興行成績を伸ばせるかにも期待が持てそうだ。

UK在住/シャオ

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| 写真:アフロ| [c]Marvel Studios2018| [c]Marvel Studios 2018| [c]Marvel Studios 2018