• GOSSIP

キャサリン妃のウェディングドレス、激安のレプリカがほぼ完売!

2018年5月05日 15:45

結婚7周年でも衰えないキャサリン妃人気! | 写真:SPLASH/アフロ

2011年4月29日にウィリアム王子と結婚して英ロイヤルファミリーの仲間入りを果たし、いまや3児の母となったキャサリン妃のウェディングドレスのレプリカが、なんと299ドル(約3万2600円)という激安価格で販売され、ほぼ完売状態であることが明らかになった。

これはH&Mがウェディングショップを立ち上げるにあたって販売を決めたもの。キャサリン妃が着ていたのは、サラ・バートンが手がけたアレキサンダー・マックイーンのカスタムメイドの43万4000ドル(約4730万円)のドレス。精巧なレースやアップリケの美しさが際立つロングスリーブと、ロイヤルファミリーにふさわしい格式高いロングトレーンが特徴のドレスだったが、H&Mバージョンは激安価格とあってロングトレーンはないもののレースやロングスリーブなどのデザインは生かされている。

キャサリン妃が着ていたウェディングドレスは、挙式のわずか12時間後にエイ・ビー・エス・バイ・アレン・シュワルツがレプリカドレスを作成。ロード&テイラーからは800ドル(約8万7200円)で販売され、即完売という盛況ぶりだった。

その後もキャサリン妃の幸せにあやかりたいと願う多くの女性たちの願いは変わらないようで、H&Mのドレスも、一部のサイズに若干の在庫はあるものの、既に完売状態になっている。

NY在住/JUNKO

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| 写真:アフロ| 写真:アフロ | 写真:SPLASH/アフロ