• NEWS

土屋太鳳、西野カナの生歌に大感激!菅田将暉が「泣いてた」と暴露

2018年4月23日 20:13

西野カナが主題歌を生披露!土屋太鳳&菅田将暉も感激

ろびこ原作の同名コミックを実写映画化した『となりの怪物くん』(4月27日公開)のフレッシャーズ大集合イベントが4月23日にEX THEATER ROPPONGIで開催され、菅田将暉、土屋太鳳が登壇。主題歌・挿入歌を担当した西野カナも参加し、主題歌「アイラブユー」を生披露した。

本作は、超問題児の春(菅田)とガリ勉の雫(土屋)が惹かれ合っていく姿を描く青春ラブストーリー。この日は、新入生、新社会人、また新生活を始める人を招待したイベントを実施。

熱気に包まれる会場を見た菅田も「みんなピカピカしてる」とフレッシュさをひしひしと感じた様子で、「門出を感じた経験」についてのエピソードを明かすことになると「上京した、16歳の時」と述懐。「いまから9年ぐらい前。一人暮らしを始めた。誰も知らないところで、みんな標準語。仕事場でも、何をしたらいいかもわからなくてパニックでした」と当時の心境を振り返った。

土屋は「ライダーの時?」と聞きつつ、「拝見させていただいていました。そんな心境だったんだなって。フィリップに元気をもらっていました」と『仮面ライダーW』で菅田が演じた役柄に励まされていたことを告白。菅田は「役名まで!」と“フィリップ”という名前に反応していた。

一方の土屋は「10歳でオーディションを受けて、いまの事務所に入った」と“門出”は10歳とのこと。「最終審査で薬師丸ひろ子さんからの激励メッセージを拝見した。その時に『絶対に女優になってやる!』って強く思った」と決意したことを語ると、菅田は「10歳で?すごいね!超パワフルな門出だね。ちょっと見てみたかった」と10歳の土屋に興味津々だった。

ステージでは、西野が「アイラブユー」を披露する一幕も。西野は「印象があまりよくなかった2人がいろいろな出来事を繰り返して、だんだん大切な人になっていく主人公にインスパイアされて曲を書いた」と曲に込めた思いを語り、伸びやかな歌声を会場に響かせた。

曲が終わると、菅田は「半分、泣いていましたよ」と土屋が感涙していたことを暴露。土屋は「本当にステキ!」と感激しきりで、「青春がちりばめられている」と瞳を潤ませる。菅田も「グッときました」と胸をいっぱいにしていた。

取材・文/成田 おり枝

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 [c]ろびこ/講談社| [c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社|  [c]あなしん/講談社  [c]2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会| [c]2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社| [c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社| 高木ユーナ/小学館 [c]2018「劇場版 ドルメンX」製作委員会 | [c]2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 [c]ろびこ/講談社| [c]2018石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 | [c]2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 [c]ろびこ/講談社| [c]2018「いぬやしき」製作委員会 [c]奥浩哉/講談社