• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 佐藤健、木梨憲武の“第1回最優秀新人CG男優賞”受賞に「僕が目標にしていた賞です」
  • NEWS

佐藤健、木梨憲武の“第1回最優秀新人CG男優賞”受賞に「僕が目標にしていた賞です」

2018年4月20日 20:18

『いぬやしき』の初日舞台挨拶に登壇した木梨憲武と佐藤健

奥浩哉の大ヒットコミックを実写映画化した『いぬやしき』の初日舞台挨拶が、4月20日にTOHOシネマズ新宿で開催。木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介、佐藤信介監督が登壇した。木梨にサプライズで“第1回最優秀新人CG男優賞”というオリジナルの賞が与えられると、「なんすか、この大会?」とツッコミながら「うれしいです」と笑顔を見せた。

『いぬやしき』は、ある日人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)と高校生・獅子神皓(佐藤健)が、それぞれの思いを胸に対決するというアクション映画。最新テクノロジーによるVFX映像が話題となっている。

先日、本作がブリュッセル国際ファンタスティック映画祭でインターナショナルコンペディション部門のグランプリにあたる、ゴールデンレイヴン賞を受賞。佐藤信介監督は『アイアムアヒーロー』(16)以来、2度目の受賞となった。

佐藤監督が「突然『グランプリを獲りました』という知らせを聞きました。現地で非常に盛り上がったと聞いて光栄です」と喜びを語ると、木梨は「レッドカーペットみたいなのはないの?」と尋ね、会場は大爆笑。木梨は「グランプリなんて、僕はお笑いスター誕生のグランプリくらいしかないんで」と苦笑い。

現地では、全身をスキャンしてできがったというCG映像の木梨も称えられたという。そんな木梨を称え、日本で唯一のCG専門情報誌「月刊CGWORLD」編集長・沼倉有人氏により、第1回最優秀新人CG男優賞のトロフィーが授与された。

木梨は受賞を喜びつつ「(副賞で)米みたいなものはもらえませんか?」とツッコむと、沼倉編集長は「ニッチな媒体なので…」と苦笑い。

すると、佐藤が「最優秀新人CG男優賞は、僕がこの世界に入った時から目標にしていた賞なので、木梨さんが先に獲られて感慨深いです」と感想を述べ、会場を笑いに包んだ。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018 映画「いぬやしき」製作委員会 [c]奥浩哉/講談社| [c]2018「ハード・コア」製作委員会| [c]2018「いぬやしき」製作委員会 [c]奥浩哉/講談社|  [c]2018「いぬやしき」製作委員会 [c]奥浩哉/講談社| [c]2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 [c]2008 小玉ユキ/小学館| [c]2018「いぬやしき」製作委員会 [c]奥浩哉/講談社| [c]2018『犬猿』製作委員会| [c]2018映画「いぬやしき」製作委員会 [c]奥浩哉/講談社