• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『未来のミライ』は読んでから見るか、見てから読むか?細田守監督による原作小説が“3冊”出版!
  • NEWS

『未来のミライ』は読んでから見るか、見てから読むか?細田守監督による原作小説が“3冊”出版!

2018年4月19日 12:00

細田守監督による原作小説が“3冊”発売! | [c]2018スタジオ地図

『サマーウォーズ』(09)、『バケモノの子』(15)の細田守監督が手がける『未来のミライ』が、7月20日(金)に公開される。本作は世界三大映画祭のひとつとしても知られる第71回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に選出、公式上映されることも発表されており話題を呼んでいる。そんな世界が注目する本作の公開に先駆け、株式会社KADOKAWAより、細田自らが執筆した原作小説“3冊”が発売されることが決定した。

細田が今回、脚本、原作ともに手掛けるのは、ちょっと変わった「きょうだい」が織りなす冒険の物語だ。都会の片隅の小さな家で暮らす、甘えん坊な4歳の男の子“くんちゃん”。生まれたばかりの妹に戸惑っていた彼の前に、未来からやってきた妹・ミライちゃんが現れることから始まる、小さなくんちゃんの大冒険を描きだす。

3冊の発売スケジュールとしては、まず角川文庫から、一般向けの文庫が6月15日(金)に発売される。続いて、児童向けレーベルの角川つばさ文庫から6月30日(土)に発売され、最後にライトノベルレーベルの角川スニーカー文庫から7月1日(日)に発売される。

細田が手がける原作小説は「おおかみこどもの雨と雪」が累計80万部、「バケモノの子」が累計60万部を突破しており、原作小説の海外翻訳も一部の国と地域では現地公開と同時に発売を予定している。

小説、映画の両方で世界に羽ばたく『未来のミライ』。読んでから見るか、見てから読むか。文章と映像の2つメディアで、より一層深く細田守ワールドを堪能してみてはいかがだろうか。

文/編集部





【前売券発売中!】
『未来のミライ』公開記念“時をこえる”細田守監督作品ポスター復刻版ポストカード付き前売券発売決定。劇場にて前売券を購入した全国合計5万名様に、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の5作品のポスタービジュアルを使用したポストカードセットをプレゼント!
※詳細は『未来のミライ』公式サイトをご確認ください。 http://mirai-no-mirai.jp

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018スタジオ地図| [c]2018 スタジオ地図| [c]2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS| [c]2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会| [c]2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS| [c]「時をかける少女」製作委員会2006| [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P  [c]2015 B.B.F.P [c]2018 CHIZU| [c]2006 TK/FP [c]2009 SW F.P. [c]2012 W.C.F.P [c]2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU| [c]2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会| [c]創通・サンライズ