• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 将来性抜群の“東宝シンデレラ”福本莉子、阿部寛主演『のみとり侍』で堂々スクリーンデビュー!
  • NEWS

将来性抜群の“東宝シンデレラ”福本莉子、阿部寛主演『のみとり侍』で堂々スクリーンデビュー!

2018年3月27日 5:00

「第8回東宝シンデレラオーディション」グランプリの福本莉子がスクリーンデビュー! | [c]2018「のみとり侍」製作委員会

『後妻業の女』(16)の鶴橋康夫監督が約40年間に渡り映画化を熱望しつづけた小松重男の傑作短編集「蚤とり侍」を、現在公開中の『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』で国際的注目を集める阿部寛を主演に迎えて映画化した『のみとり侍』が5月18日(金)から公開される。

このたび本作で「第8回東宝シンデレラオーディション」でグランプリに輝いた福本莉子がスクリーンデビューを果たしたことが明らかになった。

これまで沢口靖子や長澤まさみらを輩出したことでも知られる「東宝シンデレラオーディション」。前回の第7回では『君の名は。』(16)や「ちはやふる」シリーズの上白石萌音と妹の上白石萌歌、そして『君の膵臓をたべたい』(17)で日本アカデミー賞新人賞を受賞した浜辺美波を輩出。

まさに大女優への登竜門ともいえるオーディションで見事グランプリを受賞し芸能界入りを果たした福本は、雑誌「Seventeen」の専属モデルや「NHK Eテレ高校講座 物理基礎」にレギュラー出演するなど、着実に活躍の場を広げてきた。そしてついに大女優への第一歩となる映画初出演を本作で飾る。

福本が演じるのは、阿部演じる主人公・寛之進が猫ののみとりを命ぜられて暮らすことになる長屋の住人の娘・おみつ。貧しく実を粉にして日々働き、小さい子供達の面倒を見るしっかり者の彼女は、読み書きを教えてくれる佐伯友之介(斎藤工)に秘かな恋心を抱くのだ。

初めての映画で時代劇に挑戦した福本は「京都の太秦での撮影はまるで異国に来たような感じで、毎日とても新鮮でした」と振り返り「鶴橋組での経験を大事に、今後はお仕事ひとつひとつを大切にして全力で取り組んでいきたいと思います!」と抱負を語った。

そんな彼女に60年代からテレビドラマを中心に監督業をこなしてきた大ベテラン・鶴橋監督は「今後女優として間違いなく伸びていく。時代劇であれ現代劇であれ、期待することがいっぱいある女優」と太鼓判を押す。

「東宝シンデレラオーディション」で「いろいろな世代の人に愛される女優になりたい」という目標を語っていた福本は、今後も『センセイ君主』(8月1日公開)に出演するなど将来性抜群。彼女の今後に注目していただきたい!

文/久保田 和馬

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「のみとり侍」製作委員会| [c]2018 KM-WWORKS Ltd., All rights reserved. | [c]2018「羊と鋼の森」製作委員会| [c]2018 『50回目のファーストキス』製作委員会| (C)2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社| [c]2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会