• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • “第2の壇蜜”が大胆ヌードで奴隷開眼!早稲田卒の才女が性愛に堕ちていく『私の奴隷になりなさい』続編決定
  • NEWS

“第2の壇蜜”が大胆ヌードで奴隷開眼!早稲田卒の才女が性愛に堕ちていく『私の奴隷になりなさい』続編決定

2018年3月24日 6:00

行平あい佳が大胆な役柄で映画初主演! | [c]KADOKAWA 2018

2012年の公開時、いまはなき銀座シネパトスを連日満席にし、映画のヒットとともに壇蜜の名を世に知らしめた『私の奴隷になりなさい』の続編として、第2弾『ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~』、第3弾『おまえ次第~私の奴隷になりなさい・第3章~』の公開が決定し、第2弾の監督に『悦楽交差点』で知られるVシネマ界の鬼才・城定秀夫が、ヒロイン役には行平あい佳が抜擢された。

『私の奴隷になりなさい』のサタミシュウによる原作は「私の奴隷になりなさい」「ご主人様と呼ばせてください」「おまえ次第」からなる3部作で、それぞれの物語に異なったヒロインが登場する。

『ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~』のヒロイン・明乃を演じる行平あい佳は早稲田大学を卒業後、女優を志しながら“映像の現場を肌で感じたい”と考え、助監督として業界入り。

2年ほど様々な監督のもとで現場を経験し、その後本格的に女優業を始めると同時に、生計を立てるため、脚本をベースに監督の演出したい画面を絵にしていく“画コンテ”を描く作家として独立。いまも女優と画コンテ作家を両立しているという一風変わった経歴を持つ。

【写真を見る】過激な描写も率先して挑んだ“第2の壇蜜”こと行平あい佳 | [c]KADOKAWA 2018

本作のオーディションへの応募にあたり、原作と脚本の世界観に惚れ込み、大胆なシーンが多くあるヒロイン役を熱望した行平は、オーディションを見事勝ち抜いて映画初主演を射止めた。実は“にっかつロマンポルノ”往年のスターであり「ロマンポルノ界の聖子ちゃん」の愛称で親しまれた女優・寺島まゆみの実娘で、かねてより「お母さんのような女優になりたい」と想い続けていた彼女にとって、まさに願ってもないチャンスとなった。

行平は本作の魅力について「性愛の向こう側にある精神世界に惚れています」と語る。「明乃を通して、映画に触れてくださる方をどこまでその向こう側に連れていけるのか。あらん限りの力を尽くし、そして考え、撮影に臨みました」と本作にかける想いをコメント。

『私の奴隷になりなさい』を超えるスキャンダラスな内容に期待大! | [c]KADOKAWA 2018

撮影は今月3月中旬に終了し、現在は完成に向けたポストプロダクションの真っ最中だ。プロデューサーの小林剛は、オーディションでの彼女について「オーディションで対面したとき、まず最初に知的な色気を感じました。台本を読んで深く共鳴したこと、文学性を感じぜひ演じてみたいと思ったことなどを熱っぽく語るその表情はどことなく危険な匂いもして『ああ、これは奴隷となっていく人妻・明乃の役そのものだ』と思いました」と明かし、「肌が抜けるように白く、そこはかとなく和の雰囲気を持っている部分もヒロインとしてふさわしく感じ、監督、プロデューサー全員で即決という結果になりました」とイメージにピッタリの存在感を持っていたと太鼓判を捺す。

さらに「実際の撮影では、大胆なラブシーンを通して日を追うごとにどんどんエロチックになっていき、役と同様に我々の予想を遥かに超え、新たな性愛のミューズ誕生の瞬間を目の当たりにしたと思っています。どこまで伸びていくのかもう誰も予測がつきません」と語っており、完成した作品で行平あい佳がどこまで大胆な姿を魅せてくれるのか、俄然期待が高まった。

文/編集部

関連映画

関連映画ニュース

[c]KADOKAWA 2018| [c]2013「甘い鞭」製作委員会| [c]2012 角川書店| [c]Vietnam Feature Film Studio1,Acrobates Film | 撮影/黒羽政士| [c]2016「可愛い悪魔」製作委員会| [c]「劇場版 屍囚獄」製作委員会| [c]2016「...and LOVE」製作委員会 [c]杉原杏璃/双葉社| [c]2017「破裏拳ポリマー」製作委員会| [c]2014「地球防衛未亡人」製作委員会| 撮影:竹中圭樹(D-CORD)