• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 前田敦子の仰天発言に柄本佑がツッコミ「知らなかったの!?」『素敵なダイナマイトスキャンダル』舞台挨拶
  • NEWS

前田敦子の仰天発言に柄本佑がツッコミ「知らなかったの!?」『素敵なダイナマイトスキャンダル』舞台挨拶

2018年3月17日 11:31

『素敵なダイナマイトスキャンダル』で共演した柄本佑と前田敦子

柄本佑主演映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の初日舞台挨拶が、3月17日にテアトル新宿で開催。柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸、菊地成孔、原作の末井昭、冨永昌敬監督が登壇した。前田は、原作者である末井の顔をずっと知らなかったそうで「完成披露があって、その時も(舞台裏で)末井さんだと知らなくて」と明かし、共演者陣を驚かせた。

前田は「舞台に立った時、初めて気づきました。ちゃんとご挨拶できなかった。『初めまして』と」と言うと、柄本は「知らなかったの!?」と、目を丸くした。

前田は「司会の方がいらっしゃったので、ああ、末井さんだと。普通に馴染んでいたので、映画のなかで出ていた俳優さんかなと考えてしまいました」と天然ぶりを披露し、笑いを取った。

主人公の末井昭を演じた柄本は、劇中の女装シーンについて、末井本人から「パンティとブラジャーだけはつけた方がいいよ」とアドバイスされたことを明かした。

柄本は「見えなくても、それはスイッチだからと。衣装部さんに『パンティとブラジャーだけは用意していただきたい』と言いました」と笑顔でコメントした。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、「写真時代」「NEW self」など、それまての成人雑誌にはないデザイン、カルチャー性を持った伝説的な雑誌を世に送りだした編集長・末井昭氏の自伝的エッセイの映画化作品。7歳の時に母親が隣家の若い男性とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、伝説の雑誌編集長となっていく。

取材・文/山崎 伸子

関連映画

関連映画ニュース

[c]2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会| [c]2019「旅のおわり、世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO| [c]2018「食べる女」倶楽部| [c]2018「のみとり侍」製作委員会| (C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会