• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 初監督作でいきなりオスカーノミネート!映画に愛される女優グレタ・ガーウィグの魅力とは?
  • NEWS

初監督作でいきなりオスカーノミネート!映画に愛される女優グレタ・ガーウィグの魅力とは?

2018年3月04日 14:30

昨今、インディーズ映画界の雄として頭角を現していた女優グレタ・ガーウィグ。彼女が単独監督デビューした映画『レディ・バード』(6月公開)が、第90回アカデミー賞の作品賞、監督賞など主要5部門にノミネートされるなど、名だたる賞レースを席巻!そんないきなりの快挙を見せてくれた彼女のキャリアとその魅力を、授賞式前におさらいしておこう。

本作で監督デビューを果たした女優のグレタ・ガーウィグ | [c]Universal Pictures

グレタは現在34歳。元は脚本家志望であったが、大学在学中からインディーズ映画に出演し始める。『ハンナだけど、生きていく!』(07)や『フランシス・ハ』(12)では脚本と主演を手掛け、後者ではゴールデン・グローブ賞女優賞にノミネート。2014年にはベルリン国際映画祭の審査員に選ばれ、次世代クリエイターとして一躍注目を集める。

【写真を見る】ゴールデン・グローブ賞に続きアカデミー賞も獲得なるか…? | [c]Universal Pictures

私生活での恋人であるノア・バームバック監督作にも多く出演するほか、マイク・ミルズ、ウェス・アンダーソンら名監督たちにも愛されているグレタ。彼女は不器用で等身大、夢見がちでかつ自虐的な役柄がぴたりとハマるコメディエンヌだが、カジュアルなファッションをラフに着こなし、モテないわけでもないのに、どこかイタくて笑える。そんな姿を自然体で魅せる絶妙のセンスこそ、グレタの魅力だ。

自らを“レディ・バード”と呼ぶクリスティンをシアーシャ・ローナンが演じる | [c]Universal Pictures

初監督した『レディ・バード』は、グレタの地元サクラメントを舞台にした自伝的な内容。『ブルックリン』(15)のシアーシャ・ローナンを主役に、カトリック系女子高に通う悩める高校生の青春をユーモラスに描く。グレタの作品らしく、決して甘酸っぱくキラキラ度が全開の青春モノではなく、思春期特有の黒歴史的な中二病をまざまざと見せつけるような語り口。全米4館の限定公開をヒットさせ口コミで話題を呼び、全米1558館で拡大公開したという驚異的な出世作だ。

監督としても独自の世界観を表現し、それを成功させているグレタ。多彩な才能を発揮する彼女から、ますます目が離せない!

文/トライワークス

関連映画

関連映画ニュース

[c]Universal Pictures| Merie Wallace, courtesy of A24| [c]Visit Films| [c]Pine District, LLC.| [c]2017 Under the LL Sea, LLC| [c]Merie Wallace, courtesy of A24| [c]2018 Twentieth Century Fox Film Corporation| 写真:SPLASH/アフロ| [c]2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA| 撮影/DYSK| [c]2017 Twentieth Century Fox| [c]Frenesy, La Cinefacture